バイク電動化の起爆剤となるか? 交換式バッテリーの“世界連合”が描く未来

2021.10.01 デイリーコラム

進まないバイク電動化のカンフル剤となるか

2021年3月、本田技研工業、ヤマハ発動機、ピエラモビリティーAG、ピアッジオ&C SpAの4社による、交換式バッテリーコンソーシアムの創設合意が発表された。同年9月6日には正式な合意書が交わされ、まずは欧州における小型モビリティーの電動化が大きく促されることになりそうだ。

コンソーシアムとは共同事業体を意味する。オーストリアに拠点を置くピエラモビリティーAGは、KTMを筆頭にハスクバーナとガスガスを擁し、イタリアのピアッジオ&C SpAは、ピアッジオ、ベスパ、アプリリア、モト・グッツィといったブランドを展開している。そこにホンダとヤマハが加わるのだから、勢力の大きさが分かるだろう。ロードマップとしては、交換式バッテリーシステムの共通化→その標準化と普及推進→世界レベルへの拡大という道筋が描かれており、今回の合意によって最初の一歩が踏み出されたというわけだ。

対象になるのは、電動バイクと小型電動モビリティー(EUにおけるUNECE規格のうち、Lカテゴリーに属する電動二輪/三輪/四輪)で、航続距離の向上や充電時間の短縮、インフラの整備、コスト削減などを通して、電動モビリティーに対するユーザーの懸念を払しょく。都市部での利便性を引き上げつつ、地球規模ではCO2を削減するという、局所と全域の両方で環境改善を進めていくことを目的としている。

ただ、現状では二輪車は世界的に純エンジン車が主流で、ハイブリッド車を含め電動車はまだまだ少数派だ。パワーユニットの電動化が進んで久しい四輪車と比べると「まだそこ?」の感が否めず、そこから一足飛びに純バッテリー車、それもわざわざ交換式バッテリー車の普及をうたっている点に疑問を感じる人もいるかもしれない。

ホンダが国内で普及を進めている交換式バッテリー「モバイルパワーパック」。
ホンダが国内で普及を進めている交換式バッテリー「モバイルパワーパック」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事