ホンダとレッドブルがモータースポーツ領域の新たな協力関係に合意

2021.10.07 自動車ニュース
※写真はすべてイメージ
※写真はすべてイメージ拡大

本田技研工業は2021年10月7日、Red Bull Group(レッドブル・グループ)と2022年以降のモータースポーツ領域を中心とした新たな協力関係について合意したと発表した。

 
ホンダとレッドブルがモータースポーツ領域の新たな協力関係に合意の画像拡大
 
ホンダとレッドブルがモータースポーツ領域の新たな協力関係に合意の画像拡大
 
ホンダとレッドブルがモータースポーツ領域の新たな協力関係に合意の画像拡大

2020年10月2日に発表された通り、ホンダは2021年シーズンをもって、F1世界選手権へのパワーユニットサプライヤーとしての参戦を終了。F1で培った技術と人材は、将来のカーボンニュートラル実現に向けた取り組みに生かされることになる。

今回のレッドブル・グループとの合意では、ホンダがパワーユニットに関する技術を、同グループからの要請のもと、2022年以降のF1に参戦するために使用することを許諾。レッドブル・グループ傘下のスクーデリア・アルファタウリとレッドブル・レーシングのF1参戦を支援する。

合意内容の主なポイントは以下の通り。

  • パワーユニットに関する知的財産権の使用許諾
  • ホンダによるレッドブル・パワートレインズの2022年シーズンにおけるパワーユニットの組み立て支援や、サーキットおよび日本におけるレース運営サポートの実施
  • 現在、ホンダの英国におけるF1参戦活動の拠点であるホンダ・レーシング・ディベロップメントUKの従業員の、レッドブル・パワートレインズへの転籍

なお、オンラインでの発表会に出席したホンダの渡辺康治 ブランド・コミュニケーション本部本部長からは、「ホンダは2022年以降はパワーユニットのサプライヤーでなくなるため、『HONDA』の名前はF1マシンには一切つかない」「(2022年シーズンにおいてホンダが)どれほどの規模で活動するかは現時点では未定で、今後決めていくことになる」といったコメントが聞かれた。

これまで続けてきた「日本人ドライバー育成への取り組み」は、レッドブル・グループと継続して行っていく。ホンダの展開する育成プログラム「Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」とレッドブル・グループが主催するプログラム「レッドブル・ジュニアチーム」で連携し、角田裕毅選手に続くF1をはじめとした世界のトップカテゴリーで活躍する日本人の若手ドライバーを共同で育成していくという。

なお、こうしたモータースポーツ活動を推進していくために、現在ホンダの二輪レース活動を運営しているホンダ・レーシング(HRC)に四輪レース活動機能を追加し、モータースポーツ体制を強化する。上記のレッドブル・グループへのF1参戦活動に関する支援も、HRCが行うことになるという。

(webCG)

関連キーワード:
F1 2021, モータースポーツ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事