トヨタが「ハイラックス」を一部改良 新グレード「Z“GRスポーツ”」を追加設定

2021.10.08 自動車ニュース
トヨタ・ハイラックスZ“GRスポーツ”
トヨタ・ハイラックスZ“GRスポーツ”拡大

トヨタ自動車は2021年10月8日、ピックアップトラック「ハイラックス」を一部改良するとともに、スポーツコンバージョンモデル「Z“GRスポーツ”」を追加設定し、同日、販売を開始した。

 
「Z“GRスポーツ”」のエクステリア。専用オーバーフェンダーを装着した全幅1900mmの迫力あるワイドボディーが特徴。
「Z“GRスポーツ”」のエクステリア。専用オーバーフェンダーを装着した全幅1900mmの迫力あるワイドボディーが特徴。拡大
スモークシルバー加飾を施した専用本革巻きステアリングホイール、シフトパドルなどが標準装備される「Z“GRスポーツ”」。
スモークシルバー加飾を施した専用本革巻きステアリングホイール、シフトパドルなどが標準装備される「Z“GRスポーツ”」。拡大
「Z“GRスポーツ”」は、前席に「GR」ロゴを刺しゅうした専用合成皮革+スエード調スポーツシートを装備している。
「Z“GRスポーツ”」は、前席に「GR」ロゴを刺しゅうした専用合成皮革+スエード調スポーツシートを装備している。拡大
「Z“GRスポーツ”」のフロントマスク。専用のフロントバンパーやグリルなどで他グレードと差異化されている。
「Z“GRスポーツ”」のフロントマスク。専用のフロントバンパーやグリルなどで他グレードと差異化されている。拡大

ハイラックスは、トヨタがグローバル展開するミドルクラスのピックアップトラックで、現行型は2017年に国内導入を開始。全車両がタイで生産されている。

今回の一部改良では、ベーシックな「X」グレードにプリクラッシュセーフティーやレーンディパーチャーアラートなどの安全機能を標準装備し、「Z」グレードにはエアコンの左右独立温度コントロール機能を追加している。

また、一部改良にあわせラインナップされたコンバージョンモデルZ“GRスポーツ”は、専用オーバーフェンダーを装着した全幅1900mmの迫力あるワイドボディーに、専用のフロントバンパー&グリル、ブラック塗装に切削光輝仕上げを施した18インチアルミホイールなどを装備。ステアリングの応答性を向上させたほかに、フラットで快適な走りを実現する専用サスペンションの採用もセリングポイントとして紹介されている。

インテリアについては「GR」ロゴを刺しゅうした専用合成皮革+スエード調スポーツシート(フロント)や、スモークシルバー加飾を施した専用本革巻きステアリングホイール、シフトパドルなどを装備している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • X:352万7000円
  • Z:388万2000円
  • Z“GRスポーツ”:431万2000円

(webCG)

関連キーワード:
ハイラックス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイラックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • トヨタが「RAV4」を一部改良 ディスプレイオーディオを全車に標準装備 2020.8.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年8月7日、SUV「RAV4」を一部改良し、発売した。今回の改良ではスマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオを全車に標準装備としたほか、予防安全装備の強化も図っている。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
ホームへ戻る