マツダが「マツダ3」「CX-30」を一部商品改良 新グレードと特別仕様車も設定

2021.10.28 自動車ニュース
「マツダ3ファストバックLパッケージ」。ボディーカラーは新色の「プラチナクォーツメタリック」。
「マツダ3ファストバックLパッケージ」。ボディーカラーは新色の「プラチナクォーツメタリック」。拡大

マツダは2021年10月28日、「マツダ3」「CX-30」を一部商品改良するとともに新グレード「スマートエディション」および特別仕様車「ブラックトーンエディション」を設定し、予約注文受け付けを開始した。発売は同年11月下旬の予定。

CX-30 Lパッケージ
CX-30 Lパッケージ拡大
CX-30 Xスマートエディション
CX-30 Xスマートエディション拡大
CX-30 Xブラックトーンエディション
CX-30 Xブラックトーンエディション拡大
「CX-30 Xブラックトーンエディション」のインテリア。
「CX-30 Xブラックトーンエディション」のインテリア。拡大
「CX-30 Xブラックトーンエディション」のシート。
「CX-30 Xブラックトーンエディション」のシート。拡大

今回の一部商品改良ではダイナミクス性能や燃費性能の向上を図ったほか、新たなボディーカラーを設定している。

新世代ガソリンエンジン「eスカイアクティブX」搭載車では、アクセルペダルの反力を高めることで操作している感覚をより明瞭に感じられるようにした(AT車のみ)ほか、吸気口やサイレンサーの部品を変更して加速時のエンジンサウンドを強調。シフトアップするごとに変速のタイミングとサウンドの変化をシンクロさせ、ドライバーの意のままに操る自在感と爽快感を高めている。また、一部モデルの燃費を改善し、e-スカイアクティブX搭載の全車を2030年度燃費基準の減税対象としている。

マツダ3では、全車のターンランプをCX-30と同様の余韻をもって明滅する「ディミングターンシグナル」に変更。ボディーカラーはマツダ3、CX-30とも新色の「プラチナクォーツメタリック」を追加設定するとともに、「マツダ3セダン」で「ポリメタルグレーメタリック」を選べるようにした。

新グレードのスマートエディションはeスカイアクティブXエンジン搭載車(6段AT/FF車)のみに設定される。予防安全装備や快適化装備を標準化することで、より広い層のユーザーに選ばれやすくしているという。主要な装備内容は以下の通り(マツダ3/CX-30で共通)。

  • アクティブドライビングディスプレイ
  • スマートブレーキサポート(SBS)
  • ハイビームコントロールシステム(HBC)
  • レーンキープアシストシステム(LAS)
  • ブラインドスポットモニタリング(BSM)

価格はマツダ3ファストバックが222万1389円~368万8643円で、マツダ3セダンが222万1389円~361万6963円。CX-30が239万2500円~371万3600円。

ブラックトーンエディションはすでに「CX-5」などで好評を得ているというスポーティーな世界観を表現した特別仕様車だ。ドアミラーカバーとホイールをブラックとしたほか、インテリアには赤を強調した素材やパーツを採用している。

価格はマツダ3ファストバック/セダンのブラックトーンエディションが236万5000円~348万1500円で、CX-30ブラックトーンエディションが266万2000円~358万0500円。

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3セダン, マツダ3ファストバック, CX-30, マツダ, 自動車ニュース