クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

もはや国家の一員だ! 新型「レクサスLX」が中東諸国でモテるワケ

2021.11.01 デイリーコラム

価格は1200万円くらいから?

去る2021年10月14日、レクサスのフラッグシップSUVである「LX」の新型が発表されました。

日本ではレクサスブランドそのものの展開が2005年、200系「トヨタ・ランドクルーザー」をベースとするLXの販売は2015年からなので、あまりそういうイメージを抱きませんが、実は新型LX、4代目となります。初代は80系ランクルベースの「LX450」、2代目は100系ランクルベースの「LX470」で、「日本では『ランドクルーザー シグナス』の名で売られた」といえば、思い出される方もいらっしゃるかもしれません。

そして新しいLXも、ベースとなるのはランクル(300系)です。こちらは同年6月9日に発表され、日本でも大人気を博していることはご存じの通り。公式発表では現在の納期は2年以上といいますから、このLXも発売の暁にはバックオーダーの山が築かれてしまうのかもしれません。

判明しているグレードは、標準グレードに“オフロード”と“エグゼクティブ”を加えた計3つ。“オフロード”は前後デフロックを備えるほか、ブラックアウト加飾のボディーや小径ホイールなど、いかにもアクティブな仕上げ。“エグゼクティブ”は大型センターコンソールをリアにも備えた独立4座の4人乗りで、ショーファーユースも想定していることがわかります。価格の詳報はありませんが、現行型LXの価格が1135万円余ですので、イメージ的には新型は「1200万円くらいから」の感じになるのでしょうか。ちなみにレクサスのウェブサイトを確認すると、「現行LXは既に販売を終了、新型の発売は2022年春ごろの予定」とされています。

2021年10月14日(日本時間)にデビューした新型「レクサスLX」。その発表の舞台には、メイン市場となる中東のアラブ首長国連邦およびサウジアラビア王国が選ばれた。
2021年10月14日(日本時間)にデビューした新型「レクサスLX」。その発表の舞台には、メイン市場となる中東のアラブ首長国連邦およびサウジアラビア王国が選ばれた。拡大
新型「LX」は、レクサスブランド初のSUVとして1996年に北米でデビューして以来、4代目にあたるモデル。先に発売された新型「NX」に続く新世代レクサスの第2弾と位置づけられている。
新型「LX」は、レクサスブランド初のSUVとして1996年に北米でデビューして以来、4代目にあたるモデル。先に発売された新型「NX」に続く新世代レクサスの第2弾と位置づけられている。拡大
インテリアは、「程よく包まれ感のあるコックピット」と「同乗者に安心とくつろぎをもたらす空間」が特徴。アシストグリップの形状や体が接する部分の素材感にもこだわったという。写真は後席を独立型の4座仕様とした“エグゼクティブ”グレードのもの。
インテリアは、「程よく包まれ感のあるコックピット」と「同乗者に安心とくつろぎをもたらす空間」が特徴。アシストグリップの形状や体が接する部分の素材感にもこだわったという。写真は後席を独立型の4座仕様とした“エグゼクティブ”グレードのもの。拡大

変わらなくていいクルマ

価格帯や車格的にライバルと目されるクルマはあれこれありますが、メカニズムも織り込みながらみていると、一番近いのはメルセデスの「Gクラス」だと思います。何よりラダーフレーム構造も、リアのリジッドサスも、ラグジュアリー系SUVの進化の過程で葬り去られてきたメカニズムです。それをわざわざ残しているのは、何かしらの目的あってのこと。すなわち、商品力の要素として堅牢(けんろう)さや走破性に高いプライオリティーがあるということです。

まぁGクラスについては、同等の価格帯でモノコックに4輪独立サスの「GLE」や「GLS」がありますから、わざわざそういうものに振る必要もないというメルセデスらしい背景があります。一方のLXはブランドのSUVラインナップにおける頂点でありながら、「RX」や「NX」とはかなり成り立ちの違う、異端な存在です。

なぜLXは変わらないことを是としているのか。それはこのクルマの発表イベントが行われた場所、そして時間が物語っています。新型LXはサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)で、現地時間の10月13日に同時発表されました。時間はあちら(サウジアラビア)のゴールデンタイムである19時30分。つまり日本では10月14日の1時30分と、真夜中です。ちなみに6月のランドクルーザーはやはり中東のUAEで、ゴールデンタイムの21時30分。日本時間は6月10日の2時30分のことでした。

なんで日本で生まれ、つくられるクルマがそんな場所でこんな時間に……? と思われる皆さんもいるかもしれませんが、理由は明快。この両車の最大需要地で、国民の皆々さまに見てもらいやすい時間に発表イベントを開催したというわけです。

UAEやサウジアラビアには、おびただしい数のランクル家系のクルマが走っています。日本に住んでいて「トヨタ・アクア」や「ホンダ・フィット」を見かけるくらいの頻度といっても全然大げさではない。SUVの銘柄別では間違いなく一番でしょう。ほかにもカタール、オマーンなどに出張ったことはありますが、状況は似たようなものです。

つまり中東地域においてランクル家系は絶対的な信任を得ている、国家の一員、国民の友人と化していると言っても過言ではありません。だからそのアンベールは、ニュース性が非常に高い。ちなみにLXの誕生を知らせる現地のクルマ好きのサイトには、もにょもにょしたアラビア文字に「We have the most anticipated car of this year」と訳が添えられてました。「今年最も期待されていたクルマがついに出たぞ」的な意味でしょう。

新型「レクサスLX」のベアシャシー。ラダーフレームと呼ばれる堅牢(けんろう)なフレームに、エンジン、サスペンション、そしてボディーがマウントされる。シャシーの基本メカニズムは、新型「トヨタ・ランドクルーザー」との共用となる。
新型「レクサスLX」のベアシャシー。ラダーフレームと呼ばれる堅牢(けんろう)なフレームに、エンジン、サスペンション、そしてボディーがマウントされる。シャシーの基本メカニズムは、新型「トヨタ・ランドクルーザー」との共用となる。拡大
オフロード走行時には、走行モードに応じて駆動力やサスペンション、ブレーキ油圧などを統合制御する「マルチテレインセレクト」が役に立つ。「DIRT」「SAND」「MUD」「DEEP SNOW」「ROCK」に加え、路面状況に応じてシステムが自動で走行特性を最適化する「AUTO」モードも設定されている。
オフロード走行時には、走行モードに応じて駆動力やサスペンション、ブレーキ油圧などを統合制御する「マルチテレインセレクト」が役に立つ。「DIRT」「SAND」「MUD」「DEEP SNOW」「ROCK」に加え、路面状況に応じてシステムが自動で走行特性を最適化する「AUTO」モードも設定されている。拡大
センターコンソールには、12.3インチ(上段)と7インチ(下段)の2つのディスプレイが並ぶ。写真は「マルチテレインモニター」の表示イメージで、ドライバーの死角になりやすい車両周辺の状況が映し出されている。
センターコンソールには、12.3インチ(上段)と7インチ(下段)の2つのディスプレイが並ぶ。写真は「マルチテレインモニター」の表示イメージで、ドライバーの死角になりやすい車両周辺の状況が映し出されている。拡大
コンピューター解析を駆使した開発によりボディーの高剛性化が図られた「レクサスLX」。さらに、すべてのドアパネルとボンネット、ルーフをアルミニウム化するなどして、車両全体で約200kgもの軽量化を実現した。
コンピューター解析を駆使した開発によりボディーの高剛性化が図られた「レクサスLX」。さらに、すべてのドアパネルとボンネット、ルーフをアルミニウム化するなどして、車両全体で約200kgもの軽量化を実現した。拡大

日常生活が耐久テスト

かの地のランクルの使われ方は、見ているこっちのおなかが痛くなるほどむちゃくちゃです。あるにはある制限速度も、市街地を一歩出ればガン無視で(個人の見解です)、なんとあらば200km/h近いスピードで砂漠に向かって突き進みます。蛇足ですが、ランクル第2の市場であるオーストラリアも西側半分は同じような感じです。そんなイリーガル領域まで面倒をみる必要はないというのは前提としてあれど、ユーザーはランクル家系の信任の理由に高速巡航の安定性と快適性、信頼性を置いていることもまた事実です。

中東のユーザーは“踏みっぱ”上等の勢いで砂漠を目指すと、その中に分け入り砂ぼこりを上げて山谷を駆け巡ります。例えるなら砂を波になぞらえてのクルマサーフィンの様相です。中東の砂漠の砂は小麦粉のように目が細かく、トヨタをもってしても国内での再現は不可能というほど特殊な環境でして、その砂にのまれず山を乗り越えて走るには、もう「ひたすらパワー」ですから、クルマは再び踏みっぱの刑に処されます。で、散々走りまくって「楽しかった~ウェ~イ」と、再び街を目指すと……おわかりですね。もちろん踏みっぱです(よその国の話です。法定速度はきちんと守りましょう)。

揚げ句の果てに、ひどい時には50℃に達する気候の地域ですから、それでも生きて帰れる性能を安定供給し続けるのはただ事ではない。正直、毎日開発テストみたいな使われ方をするなかで、他銘柄は脱落淘汰(とうた)されて街なかに近いところで生息する銘柄となり、郊外でドSプレイをお楽しみいただける銘柄として最後に残ったのはランクル家系だったのでしょう。

根本から変われる数少ないタイミングでありながら、LXが変わらずランクル家系を選んだ理由は、まさにここにあります。LXにとって最も重要なのは、ランクルの性能がありながら、ランクルより豪華で快適でご立派なこと。メカの本質がランドクルーザー軸で、しつらえもろもろがレクサス軸であると。ちなみにLXは型落ちならともあれ、さすがにかの地でも前述のようなドSプレイにさらされている姿を見かけたことはありません。彼らのなかにも、敬意に基づいた一定の線引きはあるものと思われます。

(文=渡辺敏史/写真=トヨタ自動車/編集=関 顕也)
 

新型「LX」のサスペンション形式はフロントがハイマウントダブルウイッシュボーン式で、リアはトレーリングリンク車軸式。タフな車両でありながらオンロードでも優れたコントロール性を発揮すべく、AHC(アクティブ ハイトコントロール サスペンション)やAVS(アダプティブ バリアブル サスペンションシステム)といった最新の電子制御システムも搭載される。
 
新型「LX」のサスペンション形式はフロントがハイマウントダブルウイッシュボーン式で、リアはトレーリングリンク車軸式。タフな車両でありながらオンロードでも優れたコントロール性を発揮すべく、AHC(アクティブ ハイトコントロール サスペンション)やAVS(アダプティブ バリアブル サスペンションシステム)といった最新の電子制御システムも搭載される。
	 拡大
トヨタのイメージビデオから。ベースとなる「ランドクルーザー」であれ「LX」であれ、砂漠に囲まれた過酷な環境では、圧倒的なタフさが求められる。
トヨタのイメージビデオから。ベースとなる「ランドクルーザー」であれ「LX」であれ、砂漠に囲まれた過酷な環境では、圧倒的なタフさが求められる。拡大
こちらもトヨタのイメージビデオから、砂漠を爆走する新型「レクサスLX」。筆者は「トヨタ・ランドクルーザー」がアクセル全開の乱暴な使われ方をするシーンをよく目にしたが、LXに関してはそうした運転は少ないように思われる。
こちらもトヨタのイメージビデオから、砂漠を爆走する新型「レクサスLX」。筆者は「トヨタ・ランドクルーザー」がアクセル全開の乱暴な使われ方をするシーンをよく目にしたが、LXに関してはそうした運転は少ないように思われる。拡大
車内のぜいたくな仕立てを特徴とする「LX」の“エグゼクティブ”グレードは、LXと「ランドクルーザー」に求められるキャラクターの違いを如実に示している。その後席には最大1000mmものレッグスペースが確保され、専用の読書灯やオーディオシステム、エアコンディショナーなども備わる。
車内のぜいたくな仕立てを特徴とする「LX」の“エグゼクティブ”グレードは、LXと「ランドクルーザー」に求められるキャラクターの違いを如実に示している。その後席には最大1000mmものレッグスペースが確保され、専用の読書灯やオーディオシステム、エアコンディショナーなども備わる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

レクサス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。