米インディアンが「チャレンジャー」や「スカウト」など主力車種の2022年モデルを発表

2021.11.05 自動車ニュース
インディアン・チャレンジャー リミテッド
インディアン・チャレンジャー リミテッド拡大

米インディアンモーターサイクルは2021年11月2日(現地時間)、クルーザーやバガー、ツーリングといったジャンルに属するモーターサイクルの、2022年モデルのラインナップを発表した。

スプリングフィールド ダークホース
スプリングフィールド ダークホース拡大
スカウト ボバー
スカウト ボバー拡大
スカウト ボバー トゥエンティ
スカウト ボバー トゥエンティ拡大

インディアンの2022年モデルでは、インフォテインメントシステムの改良やアクセサリーオプションの拡充、新しいカラーの採用などが行われている。

インフォテインメントシステム「ライドコマンド」についてはBluetoothデバイスの互換性が拡大したほか、ディスプレイ起動時のロード時間も短縮された。ハードウエアに関する変更はなく、2020年および2021年モデルでも、ソフトウエアのアップデートによって同様の仕様とすることができる。

またバガーモデルの「チャレンジャー」シリーズでは、オーナーからのフィードバックをもとにトラクションコントロールをチューニング。システムが作動した際の操作感をより自然なものにしたという。

カラーリングについては、バガーやツーリングのラインナップでは「スプリングフィールド ダークホース」に「クオーツグレー」、「チャレンジャー リミティッド」に「スピリットブルーオンブラックメタル」などの新色を採用。クルーザーでは「スカウト ボバー」に「チタニウムメタリック」を、「スカウト ボバー トゥエンティ」に「スピリットブルーメタリック」を採用するなど、「スカウト」シリーズのペイントカラーを一新した。

アクセサリーオプションに関しては、チャレンジャーに風防効果を高めるハードロワフェアリングを新設定。この装備は2020年~2022年のすべてのイヤーモデルに対応しており、フェアリング内にはパワーバンドオーディオや収納スペースを追加することもできる。

またスカウトには、アジャスタブルピギーバックリアサスペンションとアナログタコメーターを設定。スカウト ボバーにはスモークタイプのウインカーも新たに用意した。

インディアンの各2022年モデルは、2022年春に出荷が始まる予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
バイク, インディアン, 自動車ニュース