ホンダNSXタイプS(後編)

2021.12.16 谷口信輝の新車試乗 設計が古い初代「ホンダNSX」には、時代特有のネガがある。いっぽうで、いまのクルマでは得難い美点も……! 名車の誉れ高いMRスポーツカーに試乗した谷口信輝が、その走りについて熱く語った。

レベルの低さは否めないが……

トランクルームに備え付けられていた6連装のCDチェンジャーを見つけて「なつかしー!」と絶叫した谷口信輝。今回のテーマは2004年式の「ホンダNSXタイプS」だが、ここであらためて試乗した印象を谷口に語ってもらうことにしよう。
「ボディー剛性をはじめとしていろいろな部分がマイルドに感じられるけれど、それもまったく嫌な気はしないというお話はもうしましたよね(前編参照)。ただね、コーナリングのマナーなんかは、最近のスポーツカーとはだいぶ違いますね」

さしもの初代NSXも、現代のスポーツカーに比べると見劣りするところがあると谷口は言うのである。まずは、その話に耳を傾けてみることにしよう。
「コーナーに進入していきますよね。そうすると、足まわりへの入力に対してボディーがちょっとしなっちゃうみたいです。だからフロントが少し逃げるような感じがします」

これを聞いた編集部Sが「やっぱり、現代のスポーツカーと比べると見劣りしますか? エンジンパワーとかも物足りないですか?」と畳みかけるように質問した。
「まあ、エンジンパワーも足りないですし、運動性能も人馬一体感も、現代のスポーツカーに比べたら物足りないですよ。ボディー剛性、重量バランスの仕上がり、足の味つけまで、最新のスポーツカーと比較したらレベルは低いですよね」
 
谷口は渋々という感じで、そう認めたのだが、どうもこの話題がツボにはまったようで、編集部Sはさらに「レベルが低いって、どういうことですか?」と質問を投げかけた。
「やっぱり、思いどおりには曲がらない。その理由としては、フロントとリアの限界値の違いがすごく影響していて、このクルマはフロントのほうが限界値が低い。だから、基本的にアンダーステアなんです。ただね、タイヤを替えるだけでも、多少は変わるかもしれませんね。なにしろ、この30年間のタイヤの進化ってすごいから」

続いて谷口は、クルマとタイヤは二人三脚のように足並みをそろえて進化してきたという自説を唱え始めたのである。

 
ホンダNSXタイプS(後編)の画像拡大
 
ホンダNSXタイプS(後編)の画像拡大
 
ホンダNSXタイプS(後編)の画像拡大
 
ホンダNSXタイプS(後編)の画像拡大
関連記事
  • ホンダNSX-R(MR/6MT)【試乗記】 2005.10.17 試乗記 ホンダNSX-R(MR/6MT)
    ……1334万2350円

    本年で生産中止が決定し、すでに最終販売分も売り切れになった、現行絶版車「NSX」。その最強バージョンである「NSX-R」のスポーツカー魂を、今試す。


  • ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】 2008.10.3 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)/NSX-R(MR/6MT)
    ……432万6000円/1255万4850円

    スポーツの秋、ドライブの秋。なのにお寒いニッポンのスポーツカー市場。“走りのクルマ”に未来はないのか!? ホンダの2台を駆って、その魅力を探った。 
  • 「GR86」を早くもターボ化 トムスのコンプリートカーが一挙に3台登場【東京オートサロン2022】 2022.1.14 自動車ニュース 国内トップレーシングチームのひとつであるトムスは2022年1月14日、「東京オートサロン2022」の会場で、「TOM’S GR86ターボ」「TOM’Sスープラ ツアラー」「TOM’S GS F produced by Kazuki Nakajima」の3台の新型コンプリートカーを発表した。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る