ロータスが新型スポーツカー「エミーラ」の2リッター直4ターボモデルの詳細を発表

2022.03.16 自動車ニュース
ロータス・エミーラ ファーストエディション
ロータス・エミーラ ファーストエディション拡大

英ロータスは2022年3月16日(現地時間)、2リッター直4ターボエンジンを搭載した「エミーラ ファーストエディション」の詳細を発表した。

 
ロータスが新型スポーツカー「エミーラ」の2リッター直4ターボモデルの詳細を発表の画像拡大
 
ロータスが新型スポーツカー「エミーラ」の2リッター直4ターボモデルの詳細を発表の画像拡大
 
ロータスが新型スポーツカー「エミーラ」の2リッター直4ターボモデルの詳細を発表の画像拡大
 
ロータスが新型スポーツカー「エミーラ」の2リッター直4ターボモデルの詳細を発表の画像拡大
 
ロータスが新型スポーツカー「エミーラ」の2リッター直4ターボモデルの詳細を発表の画像拡大

「エミーラ」向けに過給機や排気系を最適化

ロータス・エミーラは、2021年夏に発表された新型のミドシップスポーツカーである。ファーストエディションおよび「V6ファーストエディション」はその初版限定モデルにあたるが、これまでは2種類あるエンジンのうち、スーパーチャージャー付き3.5リッターV6エンジンを搭載したV6ファーストエディションのみ、詳細が公表されていた。

既報のとおり、直4モデルのエミーラ ファーストエディションに搭載されるパワーユニットは、メルセデスAMG製の2リッター直4直噴ターボエンジン「M139」で、ミドシップ車への搭載に際して一部設計が変更されている。ローラーベアリングのツインスクロールターボチャージャーについても、レスポンスの向上と過給ラグの軽減を実現するために改良を実施。エキゾーストシステムはロータスが設計したエミーラ独自のもので、ロータスらしさを演出するためにソフトウエアも新たに開発している。最高出力は360BHPと公称される。

組み合わされるトランスミッションは8段デュアルクラッチ式ATで、変速制御にはメルセデスAMGとロータスが共同開発したシステムが用いられているという。

このほかの仕様については、基本的にV6ファーストエディションと共通。足まわりには20インチの鍛造アルミホイールを装着し、またタイヤ空気圧モニターやリアパーキングセンサー、12wayのメモリー機能付きパワーシート、Apple CarPlay・Android Auto対応のインフォテインメントシステム、車体下部のディテールをグロスブラックで塗り分ける「ロワーブラックパック」などを標準装備している。

価格は英本国で7万1995ポンド(1ポンド=155円換算で約1116万円)。2022年4月8日に販売をスタートし、同年末の納車開始を予定している。

なお、標準仕様の直4モデルの価格は5万9995ポンド(同約930万円)からとなっており、2023年春の発売を予定。V6モデルの価格は6万4995ポンド(同約1007万円)からで、こちらは2023年1月の発売を予定している。

いずれの仕様も、日本での価格や導入時期は未定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
エミーラ, ロータス, 自動車ニュース