クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

音声だけで案内する画期的なカーナビ 「パイオニアNP1」を試す【いいところ編】

2022.08.03 デイリーコラム

未来っぽい相棒がやってきた

カーナビを使って運転するのは、危険な行為である。たぶん誰もが気づいているのに、ごまかしてほおかむりしている事実だ。モニターを見て行き先を確認するのは、要するに脇見運転ということ。事故の原因になりうる。最近SPの乗る警護車両が、前方不注意で安倍昭恵さんのクルマに追突して大問題になった。運転中は常に安全確認をすることが求められる。

スマホを見ながらの運転はもちろん論外だ。スマホに限らず、道路交通法第71条は画像表示用装置に表示された画像を注視することを禁じている。だから走行中はモニターのテレビ機能が使えなくなっているわけだが、カーナビ画面をじっくり見るのも危険であることに変わりはない。

視覚に頼っているのがよくないのだ。音声による操作ならば、視線を動かす必要はない。目的地の入力も道案内も声によって行えるのが理想だ。編集部からテストを依頼されたのは、「会話するドライビングパートナー」を名乗る「パイオニアNP1」。世界初の「AI搭載通信型オールインワン車載器」だそうである。なんとも未来っぽい響きだ。

2022年3月2日に発売された「パイオニアNP1」。音声だけで操作・案内するカーナビとドライブレコーダーが一体になっている。
2022年3月2日に発売された「パイオニアNP1」。音声だけで操作・案内するカーナビとドライブレコーダーが一体になっている。拡大
本体のみでの寸法は横幅×高さ×奥行き=118×36×93mm。ドライブレコーダーは前方だけでなく車内と後方の録画にも対応している。
本体のみでの寸法は横幅×高さ×奥行き=118×36×93mm。ドライブレコーダーは前方だけでなく車内と後方の録画にも対応している。拡大

「エヌピーワン」と呼びかけて起動

取り付けは簡単で、本体を両面テープでフロントウィンドウに装着し、シガーソケットにつなぐだけ。販売店に出向くことなく、自分で作業できる。スマホに「My NP1」アプリをダウンロードしてペアリングすれば準備完了だ。

「オールインワン」とは、カーナビとドライブレコーダーが一体になっていることを意味している。今やクルマに必須となっている2つの機能が1台で使えるのだ。運転中は常時録画しており、駐車している時に衝撃を感知すると映像をスマホに送る機能もある。通常の録画データはSDカードに保存されるが、衝撃検知時や手動操作の映像はクラウドにもアップされるから安心だ。

「エヌピーワン」と呼びかけると、音声操作の待機状態になる。iPhoneで「Hey Siri」、Amazon Echoで「Alexa」と呼びかけて起動するのと同じだ。早速目的地を設定してみた。「深大寺に行きたい」と言うと、「直線距離で1.9kmの場所に深大寺が見つかりました。ここへ行きますか?」と聞いてきた。「はい」と答えると検索が始まる。ルートを探している間は「考え中です」と言っているところが人間的だ。

「NP1」を取り付けた筆者の「ルノー・ウインド」。
「NP1」を取り付けた筆者の「ルノー・ウインド」。拡大
ルームミラーの左上に取り付ける。コンパクトなので視界への影響はほとんどない。
ルームミラーの左上に取り付ける。コンパクトなので視界への影響はほとんどない。拡大

懇切丁寧な音声案内

音声による案内は驚くほど丁寧である。正確に書き起こしてみよう。

  • 案内を開始します
  • 目的地は深大寺です
  • 安心して運転できるルートで案内します
  • 目的地まで3km、所要時間は約8分です
  • 人見街道を通ります
  • 道路を右に曲がって出てください

目的地までの距離や所要時間、通る道筋を教えてくれるから、ルートを明確にイメージできる。そして、最後の「道路を右に曲がって出てください」という指示がありがたい。カーナビを使っていても、駐車場から出る際にどちらに曲がっていいか分からなくなることがよくある。スマホの画面には地図と曲がる方向が示されているが、音声の情報だけで十分だ。走行中は基本的にスマホは誘導画面で、信号までの距離などが示されている。ビジュアル情報は少ないが、音声の指示は懇切丁寧だ。

  • 3つ先の信号を左です
  • 2つ先の信号を左です
  • 次の信号を左です
  • この信号を左です
  • その後、左側の車線がおすすめです
  • 武蔵境通りに入りました
  • 4分程度道なりです

街なかでは信号が道案内のポイントになる。3つ前から教えてくれるので、心の準備ができる。タイミングが正確で、ストレスがない。おすすめの車線を指示してくれるのもいい。直進が続く場合には、時間で表現する。距離よりも直感的に理解しやすい指標だ。クルマの位置を確認したい時は、スマホの画面をタップしてマップ画面やルート確認のモードを選ぶこともできる。

「NP1」は音声のみでの案内が基本だが、記事では伝えづらいためスマートフォンのスクリーンショットを。「右へ出てください」という案内が親切だ。
「NP1」は音声のみでの案内が基本だが、記事では伝えづらいためスマートフォンのスクリーンショットを。「右へ出てください」という案内が親切だ。拡大
地図を表示することもできるが、ルート案内中のスマートフォンは基本的に写真のような誘導画面が表示されている。
地図を表示することもできるが、ルート案内中のスマートフォンは基本的に写真のような誘導画面が表示されている。拡大

方向音痴のことを分かってる!

純正カーナビやスマホのアプリでも、音声操作ができるものは多い。NP1の独自性は、音声ですべてを完結させようとしているところだ。一般的なカーナビは入力も案内も画面がメインになっていて、音声は補助的な役割でしかない。入力ではモニターへのタッチが必要となることが多いし、音声案内は不親切である。交差点の手前で急に指示を出され、走っている車線によっては対応できないこともあった。

「この後、東に進んでください」と指示を出すアプリもある。言語道断だ。切実にカーナビを必要としているわれわれのような方向音痴は、自分がどの方角に向かって走っているのか意識していない。だから、道に迷うのだ。東とか北とか言われても困る。NP1は、誰でも直感的に理解できる指示しか出さないのがいい。信号がないところでは、「緩やかに右です」「突き当たりを左に曲がります」などと優しく教えてくれる。

NP1のテスト中に、クルマの発表会で幕張メッセに行く機会があった。NP1に「幕張メッセに行きたい」と呼びかけると、「赤帽メッセが見つかりました。ここへ行きますか?」。聞き間違いは音声入力の弱点ではあるが、人間でもよくあること。言い直すと、幕張メッセを目的地に設定することができた。

三鷹市から出発し、案内どおりに高井戸から首都高速に入る。安心して走っていたが、しばらくすると「次の信号を左です」と音声案内。首都高でも美女木ジャンクションには信号があるが、高井戸ランプから入ったばかりの場所である。おかしいと思ってスマホの画面を見ると、示されていた交差点は「三鷹市役所前」。次に表示されたのは「三鷹郵便局前」である。どうやら、人見街道を走っていると思い込んでいるらしい。GPSの信号が弱い時は、通常のカーナビでも道を見失うことはある。しばらくすると正しい案内に戻ったから、目くじら立てるほどのことではない。

NP1は便利で実用的な製品であることが分かった……と言いたいところだが、思わぬ弱点が露呈する。機械には人間の心が分からなかったのだ――。

(後編に続く)

(文=鈴木真人/写真=鈴木真人、パイオニア/編集=藤沢 勝)

こうした場面では「緩やかに右です」という案内が。方向音痴のことをよく理解している。
こうした場面では「緩やかに右です」という案内が。方向音痴のことをよく理解している。拡大
「会話するドライビングパートナー」をうたう「パイオニアNP1」。後編では、いまひとつだった点をリポートする。
「会話するドライビングパートナー」をうたう「パイオニアNP1」。後編では、いまひとつだった点をリポートする。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。