【ニューモデル情報】2025年までにデビューするBMW車11台

2022.08.17 アウトビルトジャパン

BMWも他のメーカーと同様に、電動モビリティーにさらに力を入れようとしている。2023年には、現在の市場セグメントの90%で、少なくとも1台の完全な電動モデルを提供し、2030年には世界中で販売されるBMWモデルの少なくとも半分を電気自動車(EV)にしたいと考えている。そのために、EV用に設計された新しいアーキテクチャーや、新開発の駆動装置、電池なども計画している。

※この記事は「AUTO BILD JAPAN Web」より転載したものです。

BMWはサステナビリティーにも力を入れており、「最も環境に優しいクルマ」をつくりたいと考えている。しかし、内燃機関と完全に決別するわけではなく、二重の戦略をとっている。

特に以下に挙げる3つのモデルは、今後数年間のBMWにとって大変重要な意味を持つだろう。

1.BMW XM:独立した第2のMモデル
BMWのスポーツ部門は、「コンセプトXM」によって、「M1」以来、2番目のMディビジョン純正の独立したモデルのプレビューを行った。そしてそれは、角張った珍しいデザインと極めて大きなキドニーグリルを持つ大型SUVの形で登場する。

ボディーの下には、V8と電動モーターで構成されるプラグインハイブリッドドライブが搭載されている。システム最高出力は750PS、同最大トルクは1000N・mである。純粋な電動でのコンセプトXMの航続距離は80kmとされている。

2.新型BMW 5シリーズ:おそらく新型のダブルヘッドランプフェイスを採用
G60/G61世代の「5シリーズ」は、2023年秋に発表される予定だ。新型5シリーズでは、おそらくヘッドランプが「7シリーズ」のようにダブルフェイスになり、外観は完全に今までのデザインとは違うものになるだろう。

もちろん5シリーズには今回もセダンと、BMWがツーリングと呼ぶエステートの2つのボディースタイルが用意される。改良型「CLAR」プラットフォームにより、さまざまな駆動形態が可能になった。ガソリンエンジンのマイルドな電動化、高いレンジ性能を持つプラグインハイブリッド、より効率的な排気後処理機能を持つディーゼルエンジンなどが期待されている。

3.BMW M3ツーリング:M3初のエステートがついに誕生
BMW M社は今回初めて、実用的な「ツーリング」としての「M3」も量産する。2022年12月からは、内部ビルドコードG81を持つM3ツーリングの最初のモデルが市場に出回り、購入希望者は2022年9月には、スポーツエステートを注文することができるようになる。

エステートの外観は、Bピラー以降がサルーンと異なるだけで、大きなキドニーグリル、ベンチレーションに適したエプロン、フレア状のホイールアーチはすでに見慣れたものだ。インテリアには、新しいBMWインフォテインメントと、2画面(12.3インチと14.9インチ)の新型カーブド(曲面式)ディスプレイを採用した。その他のBMWモデルについては、以下のフォトギャラリーをご覧いただきたい。

エンジン面では、M3ツーリングに、最高出力510PS、全輪駆動、8段オートマチックの最もスポーティーなバリエーション「コンペティション」専用モデルを設定。価格は9万7800ユーロ(約1370万円)からとなっている。

(Text=Peter R. Fischer, Jan Götze, Moritz Doka and Sebastian Friemel/Photos=BMW AG, autobild.de)

記事提供:AUTO BILD JAPAN Web(アウトビルトジャパン)