クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ランドローバー・レンジローバー スポーツP530(4WD/8AT)/レンジローバー スポーツP510e(4WD/8AT)【海外試乗記】

さらなる高みへ 2022.11.30 アウトビルトジャパン AUTO BILD 編集部 Road with Muscle(ロードウィズマッスル)。これが新型「レンジローバー スポーツV8」あるいは「プラグイン」の走りだ。2005年のデビュー以来、レンジスポーツはSUVのなかでも特に美意識の高いモデルとして知られている。3代目も……、本当に高い。

※この記事は「AUTO BILD JAPAN Web」より転載したものです。

レンジローバーに近づいた

第3世代のレンジローバー スポーツ。おなじみのラインと技術は「レンジローバー」からそのまま受け継がれ、残念ながら価格もその水準に近づいている。一部のエンジン仕様は2万ユーロ(約300万円)ほども高くなり、もはや10万ユーロ(約1500万円)以下では手に入らない存在となった。

コックピットには新しい世界が広がっている。ポインター付きの丸いメーターは廃止され、ランバーサポートやシートボルスターの設定もセンターメニューに移された。シート調整ボタンをタップすると、自動的にシート調整ページが開くようになっている。レンジローバーよりは少し低い位置に座ることになるが、それでも堂々とした高さだ。

早速、2種類の新エンジンのうちの1つ、4.4リッターV8、最高出力530PSの「P530」を試してみることにしよう。このサウンド! 英国での評価は高く、貴族的だがまぎれもなくV8の音である。非常にバランスがいい。

レンジスポーツは、レンジローバーよりも地に足がついていてフリゲート艦っぽくはないものの、BMW製の強力な8気筒エンジンが2.5tのトラックをスポーツカーに変えることはない。ダイナミックモードではロールバランスやステアリングがハードになるが、それほど大きな差はない。よりアグレッシブな「SVR」バージョンについては通常の1年半遅れで登場するはずで、まだその余地はある。

3代目「レンジローバー スポーツ」は、アナログの丸型メーターに代わり、デジタルコックピットを採用している。
3代目「レンジローバー スポーツ」は、アナログの丸型メーターに代わり、デジタルコックピットを採用している。拡大
ランドローバー レンジローバー スポーツ の中古車

オフロード走行はお手のもの

また、3リッター直列6気筒ガソリンエンジンと電動モーターを搭載し、システム総出力510PS、電動航続距離113kmを約束する新しいプラグインバージョン「P510e」にも試乗してみたが、主観的にはV8と比較してもほとんどもたつくことはなかった。そして、より低い燃費で走ることができる。緩やかな地形とスペインの120km/hに制限された高速道路を初めて走ったとき、オンボードコンピューターは11.7km/リッターを示し、バッテリーはほとんど空になっていた。

そしてオフロードでは、レンジローバー スポーツはすぐにその本領を発揮する。ニュートラルにシフトし、オフロードモードとギア比を選択すると、いとも簡単に混乱した状況を切り抜けられる。

幅が2m以上あるにもかかわらず、全周囲カメラとほぼクリアな前面によって簡単に全地形型オフローダーとして躍動する。All-Terrain Progress Control(オフロードクルーズコントロール)も装備されており、ドライバーは何も知らなくてもオフロードを得意にすることができるのだ。

P510eとP530に標準装備される全輪操舵によって、回転半径は11mに短縮される。暑いスペインでは、ウルトラファブリックスのパンチングレザーも印象的だった。シートベンチレーションをオフにしても背中が汗ばむことはなかった。

スペックシートによると、プラグインハイブリッド車の「P510e」は、バッテリーの電気だけで113kmの距離を走ることができる。
スペックシートによると、プラグインハイブリッド車の「P510e」は、バッテリーの電気だけで113kmの距離を走ることができる。拡大

V8は納車までに約1年

249PS、300PS、350PSの3リッターディーゼルエンジンと、同排気量のマイルドハイブリッドガソリンエンジン(すべて直列6気筒)は引き続きラインナップされている。予約した購入客のうち、なんと3割の人々がV8を注文しているという。脈動する8気筒エンジンの感動的な付加価値は、わずか4000ユーロ(約60万円)の追加費用で実現する。納期は4~6カ月、特別な色を選べばさらに長くなる。V8の場合は納車までに10~12カ月待たされる。

結論

レンジローバー スポーツは、直接のライバルがいないため、ユニークな存在であり続けている。長距離、オフロード、トレーラーのけん引……と、オールラウンダーだ。しかし今回の価格高騰で、ついに中流階級の予算からははじき出されてしまった。

(Text=Rolf Klein/Photos=Jaguar Land Rover Automotive)

【レンジローバー スポーツの欧州での車両価格】

  • D250(直6ディーゼルターボ、249PS)=9万3000ユーロ(約1390万円)より
  • D300(直6ディーゼルターボ、300PS)=9万6800ユーロ(約1450万円)より
  • D350(直6ディーゼルターボ、350PS)=12万2100ユーロ(約1830万円)より
  • P400(直6ターボ、400PS)=11万4000ユーロ(約1700万円)より
  • P440e(直6ターボ+Eモーター、440PS)=10万0200ユーロ(約1500万円)より
  • P510e(直6ターボ+Eモーター、510PS)=13万8500ユーロ(約2070万円)より
  • P530(V8ツインターボ、530PS)=14万2600ユーロ(約2140万円)より

記事提供:AUTO BILD JAPAN Web(アウトビルトジャパン)

豊富なパワートレインが用意される新型「レンジローバー スポーツ」だが、現状では購入者の多くが4.4リッターV8ターボの「P530」を選択している。
豊富なパワートレインが用意される新型「レンジローバー スポーツ」だが、現状では購入者の多くが4.4リッターV8ターボの「P530」を選択している。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ランドローバー レンジローバー スポーツ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。