フェラーリ、新型GT「FF」を出展【ジュネーブショー2011】

2011.01.24 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】フェラーリ、新型4シーターGT「FF」を出展

伊フェラーリは、新しい4人乗り・4WDのニューモデル「FF」の概要を発表した。

「FF」は、フェラーリの次世代4シーターGTのプロトタイプだ。「Ferrari Four」の頭文字をとり“FF”を名乗るが、これは4シーター・4WDを意味するもの。エンジンをフロントに搭載し、4輪を駆動する。

デザインを担当したのは、イタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナ。スポーツカーらしいスタイリングと実用性を両立させるため、後席の乗員スペースとたっぷりした荷室スペースをもつシューティングブレーク風のスタイリングが採用された。荷室容量は450リッターとDセグメントセダン並で、さらに後席の格納により、最大800リッターにまで拡大できるという。

ボディサイズは、全長4907mm×全幅1953mm×全高1379mm。既存の4シーターV12フェラーリ「612スカリエッティ」とほぼ同サイズである。

エンジンは、排気量6262ccの新型V12ガソリン直噴ユニット。トランスミッションは、デュアルクラッチ式F1ギアボックスを採用する。スペックは、最高出力660hp/8000rpm、最大トルク69.7kgm/6000rpm。0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は335km/hと公表される。

フェラーリ初となる4WDシステム「4RM」は、4輪に継続的かつ高精度なトルク配分を行うことで、路面を問わず高いスタビリティを発揮するという。従来のシステムと比べると50%軽く仕上がっており、前後47:53という理想的な重量配分を実現(プレスリリース)したとうたわれる。

「FF」は、2011年3月のジュネーブショーで正式に発表される予定で、このままのかたちで市販されると思われる。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
FF, フェラーリ, ジュネーブモーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

フェラーリ FF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • 第672回:跳ね馬の最新V8モデル 大矢アキオ「フェラーリ・ローマ」を駆る! 2020.9.10 マッキナ あらモーダ! 現代版“ドルチェヴィータ”をコンセプトに掲げてデビューしたフェラーリの最新V8モデル「ローマ」に大矢アキオが試乗! イタリア北部のワインディングロードで「なぜローマ?」の質問に対する回答を考えてみた。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • マセラティが新型スーパースポーツカー「MC20」を世界初公開 2020.9.10 自動車ニュース 伊マセラティは2020年9月9日(現地時間)、新型のハイパースポーツカー「MC20」を世界初公開した。同ブランドの新時代到来を告げるモデルとうたわれており、自社開発の3リッターV6ツインターボエンジンをリアミドに搭載している。
ホームへ戻る