新型「メルセデス・ベンツVクラス」がデビュー

2011.01.21 自動車ニュース

新型「メルセデス・ベンツVクラス」がデビュー

メルセデス・ベンツ日本は、2011年1月21日、ラージサイズミニバンの「Vクラス」を大幅に改良し、発売した。

■高級感と快適性をレベルアップ

箱形デザインのマルチパーパスビークルとして日本でもおなじみの「Vクラス」。1998年に日本に導入された初代VクラスはFFだったが、2003年のフルモデルチェンジでFRに転向。その際に名前もドイツと同じ「ビアノ」に変えられたが、その後、2006年のフェイスリフトで再びVクラスに戻り、いまに至っている。この長寿モデルが内外装をリニューアルするとともに、サスペンションの改良を実施するなどして、装いも新たに生まれ変わった。

“新型Vクラス”というものの、実際はフルモデルチェンジではなく、ビッグマイナーチェンジのレベル。だから、サイドビューなどには旧型のイメージを色濃く残している。
一方、フロントマスクは、ラジエターグリルやヘッドライトのデザインが大きく変わったことで、旧型以上に精悍(せいかん)で上質な雰囲気を強めており、また、リアビューもテールランプが低い位置にまとめられたことで、より落ち着いた印象となった。

インテリアでは、シートやステアリングホイールのデザインが変わり、また、アンビエントライトを装備するなどして、上質感の向上に努めた。さまざまなシートアレンジに対応するのは従来どおり。7人分のシートすべてが独立しているVクラスでは、セカンドシート/サードシートがそれぞれ脱着できることから、乗員や荷物に最適なシートアレンジが可能だ。

見えない部分の改良にも抜かりはなく、なかでもサスペンションは構成パーツを徹底的に見直した。前:マクファーソンストラット、後:セミトレーリングアームのサスペンションは、基本設計を旧型から受け継ぐものの、スプリングやダンパー、スタビライザーをはじめ、ベアリングやラバーマウントなどの変更により、「乗り心地と静粛性の大幅な向上を実現」(プレスリリースより)したという。

高級感と快適性をレベルアップした新型Vクラス。価格は「V350トレンド」が449万円、「V350アンビエンテ」が617万円、「V350アンビエンテ ロング」が637万円。デリバリー開始は2011年3月下旬を予定している。

(文=生方聡)

メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEOのニコラス・スピークス氏(写真左)と、同社上野金太郎副社長。
メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEOのニコラス・スピークス氏(写真左)と、同社上野金太郎副社長。 拡大
新しくなったマルチファンクションステアリングには、メーター内に表示されるディスプレイの操作スイッチが備わる。
新しくなったマルチファンクションステアリングには、メーター内に表示されるディスプレイの操作スイッチが備わる。
拡大
シートは、レザーとファブリックの「レザーツイン」仕様が3色と本革仕様(写真)2色が用意される。
シートは、レザーとファブリックの「レザーツイン」仕様が3色と本革仕様(写真)2色が用意される。 拡大
新型「メルセデス・ベンツVクラス」がデビューの画像 拡大
電動デュアルスライディングドアは、「V350アンビエンテ」と「V350アンビエンテ ロング」に標準装備される。
電動デュアルスライディングドアは、「V350アンビエンテ」と「V350アンビエンテ ロング」に標準装備される。 拡大
新型「メルセデス・ベンツVクラス」がデビューの画像 拡大

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ボルボXC90 T8 Twin Engine AWDエクセレンス(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.13 試乗記 後席ジマンの高級車は、数え切れないほどあるけれど……。ボルボのラインナップで最も高価な「XC90エクセレンス」に試乗した筆者は、他ブランドのプレミアムカーではなかなか味わえない心地よさに包まれたのだった。
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る