日産、「NV200バネット」のワゴングレードを拡充

2010.10.29 自動車ニュース

日産、「NV200バネット」のワゴングレードを拡充

日産自動車は2010年10月28日、小型商用バンの「NV200バネット」に、ワゴン(5ナンバー)の新グレードを追加すると発表した。11月5日に販売を開始する。


■5人乗りと7人乗りが選択可能に

「NV200バネット」は、日産自動車が2009年5月に国内販売を開始した小型商用車。世界戦略車に位置づけられるこのクルマは、国内では5人乗りのバン(4ナンバー仕様)がメインで、ワゴン(5ナンバー仕様)としては7人乗りの「16S」1グレードのみが設定されていた。

今回の一部改良では、その「16S」の装備が充実し、グレード名が「16X-3R」に変更されるとともに、新たに5人乗りのワゴンモデル「16X-2R」が追加された。これにより、ワゴンでは5人乗りと7人乗りが選択できるようになった。

さらに、バンモデルでは一部鉄板がむき出しとなる内装が、ワゴンモデルはフルトリム化され、質感が高められた。また2列目シートと3列目シートにもカップホルダーと小物入れが設定されるなど、使い勝手の向上も図られた。

価格は、「16X-2R」が181万1250円、「16X-3R」は191万6250円。

(webCG 曽宮)

「NV200バネット 16X-2R」
「NV200バネット 16X-2R」 拡大
日産、「NV200バネット」のワゴングレードを拡充の画像 拡大
「16X-2R」のインテリア。
「16X-2R」のインテリア。 拡大
「16X-3R」のインテリア。
「16X-3R」のインテリア。 拡大
外観は基本的にバンと共通だが、ワゴンにはフォグランプが標準装備される。一方、リアアンダーミラーは省かれる。
外観は基本的にバンと共通だが、ワゴンにはフォグランプが標準装備される。一方、リアアンダーミラーは省かれる。
拡大

関連キーワード:
NV200バネット, 日産, 自動車ニュース

日産 NV200バネット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産NV200ニューヨークタクシー 2012.5.30 画像・写真 2013年10月から運行を開始する「日産NV200ニューヨークタクシー」が国内でお披露目された。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.27 試乗記 発売1カ月後の受注台数が、月販目標の3100台を大きく上回る4万5000台に達したというトヨタの新型SUV「ハリアー」。その人気の秘密を探るべく、最上級グレード「ハイブリッドZ“レザーパッケージ”」を郊外に連れ出した。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
ホームへ戻る