フォード、新エンジン搭載のマスタング発売

2010.10.27 自動車ニュース

フォード、「マスタング」のパワートレインを一新し、発売

フォード・ジャパン・リミテッドは2010年10月25日、スペシャルティカー「マスタング」シリーズのパワートレインを一新し、発売した。

今回変更を受けたのは「マスタング」「マスタングコンバーチブル」のすべてのグレード。

V8モデルはこれまでの4.6リッターV8 SOHCエンジンに代わって、新設計の5リッターV8 DOHCエンジンを搭載、V6モデルも、これまでの4リッターV6 SOHCエンジンに代わり、3.7リッターV6 DOHCエンジンが新たに搭載された。両エンジンともに、吸排気独立可変バルブタイミング機構「Ti-VCT」を採用することで出力を大幅に向上。V8モデルでは最高出力418ps(従来比99psアップ)、V6モデルは309ps(従来比96psアップ)を実現している。また、6段オートマチックトランスミッションが新採用され、パワーステアリングはこれまでの油圧式からエンジン駆動の負荷を低減する電動パワーアシスト式に変更を受けたことで、燃費の向上も実現したとうたわれる。

さらに、スタビライザーの大径化やストラットタワーバーの標準装備(V8 GTモデル)などで、ボディ剛性を向上。ブレーキディスクローターも大径化、ダンパーとスタビライザーブッシュもパフォーマンスアップにあわせてチューニングされ、「よりダイナミックでエキサイティングな走りを楽しめる」(プレスリリース)ようになったという。

このほか、V8モデル同様V6モデルにもリアスポイラーを標準装備。タイヤサイズも従来型より1インチアップの19インチ(V8モデル)と18インチ(V6モデル)となった。

各モデルの価格は以下のとおり。
マスタングV8 GTコンバーチブル プレミアム(FR/6AT):570万円
マスタングV8 GTクーペ プレミアム(FR/6AT):500万円
マスタングV6 クーペ プレミアム(FR/6AT):430万円

(webCG 本諏訪)

「マスタングV8 GTクーペ プレミアム」
「マスタングV8 GTクーペ プレミアム」 拡大
 
フォード、新エンジン搭載のマスタング発売の画像 拡大
「マスタングV6 クーペ プレミアム」
「マスタングV6 クーペ プレミアム」 拡大

関連キーワード:
マスタング, マスタング コンバーチブル, フォード, 自動車ニュース

フォード マスタング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る