メルセデス・ベンツC63 AMGを好みの内装色に

2010.10.18 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツC63 AMG」に専用の特別オプション

メルセデス・ベンツ日本は2010年10月15日、「Cクラス」のハイパフォーマンスモデル「C63 AMG」に「AMGパフォーマンススタジオ エクスクルーシブインテリア」をオプション設定し、発売した。

「AMGパフォーマンススタジオ エクスクルーシブインテリア」は、AMGモデル専用のインテリアカスタムオーダープログラム。メルセデスAMG社にあるAMGパフォーマンススタジオで、熟練工による手作業で仕立て上げられる。

インテリアに用いられる最高級のナッパレザーは全22色。「ツートンナッパレザーステアリング」(7万円)や、インテリアの各部をすべてナッパレザーにする「ナッパフルレザーパッケージ」(245万円)など、パッケージごとに分けられた部位に、オーナーの好きな色を配置することで、オーナー好みの特別な1台が完成する。

ベースとなる「C63 AMG」は1060万円、「C63 AMGステーションワゴン」は1080万円である。

(webCG ワタナベ)

「メルセデス・ベンツ C63 AMG」
「メルセデス・ベンツ C63 AMG」 拡大

関連キーワード:
Cクラス セダン, Cクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.9.24 試乗記 内外装ともエレガントで華やかに生まれ変わった「メルセデス・ベンツCクラス」。新型もこれまでどおりドイツ車の、いや世界のコンパクトクラスの模範たりえるか。シリーズの中核的存在「C180アバンギャルド」に乗って考えた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る