スマートED、日本での実証実験をスタート

2010.10.12 自動車ニュース

スマート電気自動車が日本での実証実験をスタート

メルセデス・ベンツ日本は2010年10月12日、「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ(スマート電気自動車)」を用いた実証実験を日本で開始すると発表した。

■一般の参加者も募集

今回、日本に持ち込まれたのは、第2世代の「スマート電気自動車」(以下スマートED)。「スマート・フォーツー」をベースに、モータースポーツ活動でも知られるザイテック社が電気自動車への改造を手がけたもので、ザイテック製のパワートレインにテスラ製のリチウムイオンバッテリーを組み合わせることにより、135kmの航続距離(ヨーロッパ測定値)と100km/hの最高速を誇る。バッテリー容量は16.5kWhで、充電に要する時間は200Vで8時間、100Vなら16時間。乗車定員は2名である。

メルセデス・ベンツはこの「スマートED」を用いて世界規模の実証実験を展開している。2009年12月のドイツを皮切りに、フランス、イタリアなどヨーロッパ各国に拡大。2010年後半には北米でも実施され、日本は7番目の参加国となった。

日本での実証実験は当初3台のスマートEDで開始され、2011年以降には10台以上に増車が予定されている。一般の方が無償で参加できる企画や、企業などが有償でパートナーとなるプログラムも用意されるという。

実証実験開始にあわせて来日したダイムラーAGスマート電気自動車プロダクトマネジメント責任者ピーター・ムース氏によれば、スマートEDの技術的な部分はもはやテストが不要というレベルに達しており、今回の実証実験は、国ごとに異なる交通環境や充電インフラ、クルマの使い方といったデータを収集し、市販に備えるためのものだという。
スマートEDは、2012年以降にリース方式で販売される予定だが、日本市場もそのひとつとして位置づけられているのだ。

ハイブリッド、クリーンディーゼル、そして電気自動車と、日本メーカー顔負けのラインナップで日本市場に環境対応車を送り込むメルセデス・ベンツ。その動きからますます目が離せない。

■ガソリンモデルもフェイスリフト

スマートEDのお披露目と同時に、従来モデルの「スマート・フォーツーmhd」のフェイスリフトも発表された。
その特徴としては、前後バンパー下部やサイドスカート、給油フラップをボディ同色としたことに加え、新デザインのアルミホイールの採用、新色(ライトブルーメタリックおよびマットライトグリーン)の設定(オプション)、ダッシュボードのデザイン変更、シートサイドポケットの追加、パドルシフトの設定(カブリオにオプション)などが挙げられる。

また、エンジンマネジメントシステムの改良などにより、燃費が23.0km/リッターから23.5km/リッターに向上。CO2排出量は99g/kmを達成、輸入車として初めて2けた台を実現している。
なお、これまでは一般保証が新車登録から3年または走行距離4万kmだったが、フェイスリフトを機に走行距離にかかわらず3年の一般保証が受けられるようになる。

価格は据え置きで、クーペが184万円、カブリオが213万円。

(文=生方聡)

右から、メルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長兼CEO ニコラス・スピークス氏、ダイムラーAG スマート電気自動車プロダクトマネジメント責任者 ピーター・ムース氏、メルセデス・ベンツ日本 代表取締役副社長 営業/マーケティング部門担当 上野金太郎氏。
右から、メルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長兼CEO ニコラス・スピークス氏、ダイムラーAG スマート電気自動車プロダクトマネジメント責任者 ピーター・ムース氏、メルセデス・ベンツ日本 代表取締役副社長 営業/マーケティング部門担当 上野金太郎氏。 拡大
「スマート電気自動車(ED)」
「スマート電気自動車(ED)」 拡大
 
スマートED、日本での実証実験をスタートの画像 拡大
 
スマートED、日本での実証実験をスタートの画像 拡大
新しくオプション設定されたライトブルーメタリックの「スマート・フォーツーカブリオ mhd」
新しくオプション設定されたライトブルーメタリックの「スマート・フォーツーカブリオ mhd」 拡大
 
スマートED、日本での実証実験をスタートの画像 拡大
 
スマートED、日本での実証実験をスタートの画像 拡大

関連キーワード:
フォーツー, フォーツー エレクトリックドライブ, フォーツーカブリオ, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
ホームへ戻る