ロータス・エリート、2014年に復活!?【パリサロン2010】

2010.09.21 自動車ニュース

【パリサロン2010】ロータスが新型スポーツ「エリート」を発表

英ロータスは2010年9月20日、新型スポーツカー「エリート」のプロトタイプを、同月30日に開幕するパリサロンに出展すると発表した。

「エリート」は、ロータス・ファンならごぞんじ、過去にも存在した同社の名スポーツカーのネーミングだ。今回パリサロンで“復活”する3代目は、1950〜1960年代に脚光を浴びた初代と同様、スタイリッシュなライトウェイトボディとハイパフォーマンスを併せ持ち、1970年代に生まれた2代目のように、2ドア、2+2シーターとなっている。

今回明らかにされたところでは、ボディのスリーサイズは、全長×全幅×全高=4.6×1.9×1.32m。先にデビューしたミドシップの2+2モデル「エヴォーラ」(全長×全幅×全高=4350×1880×1230mm)に比べて、ひとまわり大きい。
車重は1650kg。620ps、73.4kgmを発生する5リッターV8ユニットをフロントミドにマウントし、後輪を駆動。F1でもおなじみの運動エネルギー回生システム「KERS」の採用もトピックのひとつで、0-100km/h加速が3.5〜3.7秒、最高速度は315km/hという卓越したパフォーマンスを誇る。

「快適で広い居住スペースをもつ究極のスポーツカーであり、スタイリング、パフォーマンスの両面で比類なきクルマ」と、ロータスのダニー・バハーCEOも太鼓判を押す新型「エリート」。
生産開始時期は2014年の初頭で、その春先までには発売される見込み。現地での予価は、17.5%の付加価値税を含めて11万5000ポンド(邦貨にして約1530万円)。リトラクタブルハードトップモデルが用意されることも示唆されている。

(webCG 関)

関連キーワード:
エリート, ロータス, パリモーターショー2010, イベント, 自動車ニュース

ロータス エリート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
ホームへ戻る