三菱コルト/コルトプラスの燃費がアップ

2010.06.04 自動車ニュース

三菱、「コルト」「コルトプラス」の燃費を改善

三菱自動車は2010年6月3日、「コルト」と「コルトプラス」に燃費向上を目的とする改良を加え、発売した。

■1.3リッター車は、すべてエコカー減税対象に

今回「コルト」「コルトプラス」のFF車には発電制御の導入やオルタネーターの効率アップが、4WD車には点火プラグの変更などが施された。(「コルト ラリーアート バージョンR」「コルトプラス1.5RX」を除く)

また「コルトプラス」については、搭載エンジン排気量が、1.5リッター(105ps)から1.3リッター(92ps)にダウンサイズされた。 (「1.5RX」を除く)

これらの改良により、「コルト」「コルトプラス」とも、FF車は10・15モード燃費20.0km/リッターを達成。4WD車は、同18.6km/リッターを実現した。(「コルト ラリーアート バージョンR」「コルトプラス1.5RX」を除く)

結果、「コルト ラリーアート バージョンR」「コルトプラス1.5RX」以外のモデルで、FF車はエコカー減税の軽減率が従来の50%から75%に、4WD車はすべてが50%減税対象となった。「コルトプラス1.5RX」のFF車は、従来どおり50%軽減される。

このほかボディカラーの一部変更や、グレード展開の見直しも行われた。

価格は、「コルト」が124万9500円から198万4500円。「コルトプラス」は140万7000円から176万4000円。

■抗アレルゲンアイテム採用の特別仕様車

「コルト」のエントリーグレード「Very」をベースとした特別仕様車「Clean Air Edition(クリーンエア エディション)」が設定された。

この特別仕様車には、フロント/リアシートとアームレスト上面の表皮材に、花粉やダニなどのアレルゲン活動を約99%抑制するという「抗アレルゲン加工」が施されるほか、エアコンフィルターに天然成分の酵素などをもとにつくられた「バイオクリアフィルター」が採用される。

さらに成約者には、アレルゲンやタバコの匂いを分解・除去する「車載用プラズマクラスターイオン発生機」がプレゼントされる特典もつく。

「コルトClean Air Edition」の価格は、FF車が120万円、4WD車は138万9000円。

(webCG 曽宮)

「コルトVery」
「コルトVery」 拡大
「コルトプラスCool Very」。ボディカラーは、新色の「チタニウムグレーメタリック」。
「コルトプラスCool Very」。ボディカラーは、新色の「チタニウムグレーメタリック」。 拡大
特別仕様車「コルトClean Air Edition」。ボディカラーは、新色「カワセミブルーメタリック」(写真)のほか、「サクラピンクメタリック」「クールシルバーメタリック」「ホワイトパール」の全4色が設定される。
特別仕様車「コルトClean Air Edition」。ボディカラーは、新色「カワセミブルーメタリック」(写真)のほか、「サクラピンクメタリック」「クールシルバーメタリック」「ホワイトパール」の全4色が設定される。 拡大

関連キーワード:
コルト, コルトプラス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 コルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • 三菱エクリプス クロス<PHEV>プロトタイプ(4WD)【試乗記】 2020.10.19 試乗記 三菱のコンパクトSUV「エクリプス クロス」が大規模なマイナーチェンジを受けた。ボディーサイズの拡大やデザイン変更などトピックは多いが、なんといってもメインはプラグインハイブリッドモデルの追加設定だ。発売前のプリプロダクションモデルでその仕上がりを確かめた。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
ホームへ戻る