ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売

2008.04.23 自動車ニュース

ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売

三菱自動車工業は2008年4月22日、コンパクトカー「コルトラリーアート バージョンR」の特別仕様車を300台限定で発売した。

特別仕様車「コルトラリーアート バージョンRスペシャル」は、ベース車となる「バージョンR」から、さらにボディ剛性を強化したクルマ。
通常スポット溶接されるドア周りには、連続シーム溶接が採用された。点で溶接するスポット溶接に対し、連続シーム溶接は線で溶接を行う。溶接の面積の多さからボディ剛性を高めることができ、縦方向の曲げ剛性でおよそ10%向上したと謳われる。

加えて、ラリーアート製のスポーツマフラーとレカロ製フルバケットシート(フロントのみ)を装着。ステアリングホイールとシフトノブには専用のシルバーステッチが施されるほか、専用バッジやシリアルナンバー付きプレートなども与えられる。

ボディカラーは新色のライトニングブルーマイカを含む全3色をラインナップ。5段MTのみが設定され、価格はベース車より33万6000円高い232万500円。

(webCG 本諏訪)


ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売の画像

ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売の画像

ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売の画像

関連キーワード:
コルト, 三菱, 自動車ニュース

三菱 コルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • マット・ヒルツ250(MR/5MT)【レビュー】 2019.6.21 試乗記 あなたは英国のカスタムビルダー、マットモーターサイクルズをご存じだろうか? クールかつリーズナブルであることにこだわる彼らの作品の中から、日本の道にも合いそうなスクランブラーの乗り味を報告する。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
ホームへ戻る