メルセデス、「Eクラスカブリオレ」を発売

2010.04.20 自動車ニュース

メルセデス、4座オープン「Eクラスカブリオレ」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2010年4月20日、Eクラスにフル4シーターコンバーチブルの「Eクラス カブリオレ」を追加し、同日発売した。

セダン、クーペ、ステーションワゴンに続く“第4のEクラス”は、クーペをベースに、快適性に優れる「アコースティックソフトトップ」を搭載したコンバーチブルだ。

「4人の乗員が四季を通じて1年中快適なオープンドライブを楽しめるコンバーチブル」を目指したEクラスカブリオレは、キャビンへの風の巻き込みを低減する「エアキャップ」を新採用。また、前席乗員の首元を暖める「エアスカーフ」(いずれもオプション)などの搭載により、オープン時の快適性を一段と高めたという。

ラインナップは、3.5リッターV6搭載の「E350カブリオレ」の1グレードで、ステアリング位置は左のみ。価格は898.0万円。「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」「平成22年度燃費基準」をクリアし、新車購入補助対象モデル(車齢13年超の廃車を伴う場合)となっている。

■ソフトトップにこだわった

2010年1月のデトロイトモーターショーで初披露されたEクラスカブリオレが、早くも日本上陸を果たした。メルセデス・ベンツの現行ラインナップのなかで唯一の4シーターオープンカーは、「4シーズン、4パーソナリティ」というテーマを掲げ、季節を問わず、快適なドライブが楽しめることを目指したという。

Eクラスカブリオレは、「サイドから見たときの優雅なシルエットにこだわった」ため、開発当初からリトラクタブルハードトップの採用は考えていなかったとのこと。ソフトトップでありながら屋根を閉めたときの快適性を確保するため、厚さ23.5mmの多層構造のファブリックを用いたアコースティックソフトトップを採用している。

これは耐候性、断熱性が高く、また、遮音性にも優れた構造のもので、クーペ並みの快適性を実現するという。ソフトトップは、停車中だけでなく、40km/h以下なら走行中でも操作が可能で、約20秒で開閉できる。

ラゲッジスペースは、クローズ時で342リッター、ソフトトップの収納が必要なオープン時でも252リッターが確保される。

■オープン時も快適に

一方、オープン時の快適性を高める新機構にも注目だ。フロントウィンドウ上部に格納式のフラップを用意。走行中にポップアップすると、リアのヘッドレスト間に設置された"ついたて"との相乗効果で、キャビンへの風の巻き込みを大幅に低減できる「エアキャップ」を新開発した。これは、2名乗車時だけでなく、4名乗車時にも有効だ。

また、「SL」や「SLK」などでおなじみの「エアスカーフ」も寒い時季には重宝する。前席のヘッドレストから温風が吹き出し、乗員の首元を暖めてくれるのだ。もちろん、前席のレザーシートにはシートヒーターが内蔵される。

エアキャップとエアスカーフは、メーカーオプションの「コンフォートパッケージ」(15.0万円)として提供されるが、快適さをアピールするEクラスカブリオレだけに、標準装備としてもよかったのではないか?

■安全性もクーペ並み

快適性だけでなく、安全性でもEクラス カブリオレはクーペ並みのレベルを目指した。衝撃吸収構造ボディは、Aピラーやリアシートまわりを強化するとともに、横転の危機を察知して展開する「オートマチックロールバー」を後席のヘッドレストに内蔵した。ヘッドレスト自体は、電動で高さ調節(3段階)が可能で、後席に乗員がいない場合は下降させることで良好な後方視界を実現する一方、後席に乗員がいる場合は、自動的にヘッドレストを上昇させて、乗員の安全を確保する。

パワートレインは、3.5リッターV6ガソリンエンジン(272ps/35.7kgm)と7段ATの組み合わせ。低転がり抵抗タイヤや省エネタイプのオルタネータの採用、CD値0.28のボディなどとあいまって、9.1km/リッターの10・15モード燃費を実現、平成22年度燃費基準を達成している。
セダンやステーションワゴンとは異なり、このカブリオレには「E63 AMG」は用意されず、その代わりにAMGスタイリングパッケージなどを含む「AMGスポーツパッケージ」(63.0万円)がメーカーオプションとして設定される。また、本革巻ウッドステアリングやナッパレザーシート/マルチコントロールシートバック/シートベンチレーターなどを装備した「ラグジュアリーパッケージ」(38.0万円)を選ぶこともできる。

12色のボディカラーに3色のソフトトップと、カラーバリエーションも豊富。右ハンドル仕様が用意されないのは残念だが、オープンドライブが一番楽しいこれからの季節、このエレガントで快適なカブリオレに注目が集まりそうだ。

(文=生方聡)

メルセデス・ベンツ E350カブリオレ
メルセデス・ベンツ E350カブリオレ 拡大
リアシートは2人掛け。よって乗車定員は4名。
リアシートは2人掛け。よって乗車定員は4名。 拡大
車体の空気抵抗の係数であるCd値は、0.28を実現。
車体の空気抵抗の係数であるCd値は、0.28を実現。 拡大
ソフトトップの開閉に要する時間は20秒。時速40km以下であれば、走行中の開閉も可能。
ソフトトップの開閉に要する時間は20秒。時速40km以下であれば、走行中の開閉も可能。 拡大
左ハンドル仕様のみが用意される。
左ハンドル仕様のみが用意される。 拡大
こちらが注目の装備「エアキャップ」。オープン走行時に髪が乱れないほどの効果が期待できるという。
こちらが注目の装備「エアキャップ」。オープン走行時に髪が乱れないほどの効果が期待できるという。 拡大
首元を暖める「エアスカーフ」は、吹き出し口の角度を最大36度まで調整できる。
首元を暖める「エアスカーフ」は、吹き出し口の角度を最大36度まで調整できる。 拡大
エアキャップの操作スイッチはセンターコンソールに設置される。
エアキャップの操作スイッチはセンターコンソールに設置される。 拡大
エアキャップと共に風の巻き込みを防ぐ「ドラフトストップ」は、後席ヘッドレストの間に備わる。
エアキャップと共に風の巻き込みを防ぐ「ドラフトストップ」は、後席ヘッドレストの間に備わる。 拡大
 
メルセデス、「Eクラスカブリオレ」を発売の画像 拡大

関連キーワード:
Eクラス カブリオレ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る