第140回:決着! 失敗続きのタイヤ選び

2019.08.20 カーマニア人間国宝への道

ミシュランの“全額返金”は本当か!?

愛車のタイヤ選びで大失敗! という話を、小出しで延々と書かせていただいております。

「BMW 320d」のタイヤを、純正の「ポテンザS001ランフラット」から「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」に交換したところ、ふにゃふにゃの寒天ゼリーみたいなフィーリングで真っすぐすら走らなくなっちゃった! でも、同じ銘柄を履く「メルセデス・ベンツE200カブリオレ」はまったくそんなことはなく、結局原因は謎のまま! というところまで進みました。

で、その後どうしたかというと、実は寒天ゼリーショックに見舞われた当日、「ミシュランは気に入らなければ全額返金してくれるみたいですよ」という情報を得ました。

調べてみると確かにその通り。“性能にご満足いただけなければ全額返金”と銘打った、ミシュランの『全額返金保証プログラム』というステキなシステムが存在したのです!

これはもう早速申し込もう! と、タイヤを交換した3日後に早速ネットで手続き完了。メールの返信を待ちましたが、これがなかなか来ない。どーなってんだ! と思った約1カ月後にようやく返信が到着。同じサイズ&種類(つまりランフラット)の他銘柄タイヤに履き替えて、外したミシュランタイヤを送り返せば、後日全額返金してくれるとの由でした。

「BMW 320d」のタイヤを「ブリヂストン・ポテンザS001ランフラット」から「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」に交換後、乗り心地がふにゃふにゃになってしまっていた。(写真=池之平昌信)
「BMW 320d」のタイヤを「ブリヂストン・ポテンザS001ランフラット」から「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」に交換後、乗り心地がふにゃふにゃになってしまっていた。(写真=池之平昌信)拡大
「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」を装着する「メルセデス・ベンツE200カブリオレ」では、「320d」で感じられたふにゃふにゃ感はなかった。
「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」を装着する「メルセデス・ベンツE200カブリオレ」では、「320d」で感じられたふにゃふにゃ感はなかった。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る