フォード、「マスタング」のデザインを一新

2012.10.05 自動車ニュース

フォード、「マスタング」のデザインを一新

フォード・ジャパン・リミテッドは2012年10月4日、「フォード・マスタング」の内外装を変更し発売した。

エクステリアは、エンジンフードやフロントグリル、バンパーのデザインを変更。また、フロントのスモールランプやリアの3連コンビネーションランプにはLEDを採用した。

インテリアでは、メーター内に4.2インチのインフォメーションディスプレイを搭載。「Track Apps(トラック アップ)」と呼ばれる機能により、0-60mph(約96km/h)加速のタイム計測や車両に掛かるGフォースなどが表示される。
また、これまでV8モデルのみに装備されていた運転席&助手席シートヒーターをV6モデルにも採用。さらに、助手席にも6Wayパワーシートを装備した。

パワートレインでは、V8エンジンの最高出力が8psアップの426psとなったほか、シフトレバーに装着された「サム(親指)シフトスイッチ」により、マニュアルモードでのドライビングが可能となった。

価格は従来モデルから据え置きで以下の通り。

・V8GTコンバーチブルプレミアム:570万円
・V8GTクーペプレミアム:500万円
・V6クーペプレミアム:430万円

主な変更点
エクステリア
・フロントバンパー&グリルデザイン
・ヘッドランプユニットデザイン(スモールランプにLEDを採用)
・エンジンフードデザイン(V8モデルには、エアベントを採用)
・19インチアルミホイールデザイン (V8モデルのみ)
・リアバンパー&デッキリッドデザイン(デッキリッドパネルは、エンブレム装着面をグロスブラックペイント)
・新デザインLEDリアコンビネーションランプ

インテリア
・運転席&助手席シートヒーター、助手席6WayパワーシートをV6モデルにも追加
・メータークラスターデザイン
・4.2インチインフォメーション・ディスプレイをメータークラスター中央に配置(ステアリング上の5Wayコントロールスイッチで操作可能)
・「Track Apps (トラック アップ)」を新装備
トラック アップメニューは下記の通り
-Accelerometer:車両に掛かるGフォースの計測
-Brake Performance:高速ブレーキングのタイム計測
-Acceleration Timer:指定速度への到達タイム計測(例:0-60mph加速)、指定距離の走行タイム計測(例:0-1/4マイル)、ドラッグレース風カウントダウンツリーの表示
(※トラック アップは、サーキット等の周囲の安全が確保された場所でのみ使用が可能)

パフォーマンス
・V8モデル最高出力:426ps/6500rpm(従来型V8モデル最高出力:418ps)
・SST(セレクトシフトトランスミッション)の搭載(サムシフトスイッチでマニュアルモードでのシフト操作が可能)

(工藤考浩)

「フォード・マスタングV8GTクーペプレミアム」
「フォード・マスタングV8GTクーペプレミアム」 拡大
「フォード・マスタングV8GTコンバーチブルプレミアム」
「フォード・マスタングV8GTコンバーチブルプレミアム」 拡大
 
フォード、「マスタング」のデザインを一新の画像 拡大
 
フォード、「マスタング」のデザインを一新の画像 拡大
 
フォード、「マスタング」のデザインを一新の画像 拡大
 
フォード、「マスタング」のデザインを一新の画像 拡大

関連キーワード:
マスタング, マスタング コンバーチブル, フォード, 自動車ニュース

フォード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2013.5.20 試乗記 モデルライフもそろそろ終盤の「フォード・マスタング」に、アシを鍛えた限定モデルが登場。 メーカーこだわりのシャシーの妙味を、スティックシフトで味わった。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • TOM’SレクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2021.10.1 試乗記 トムスから新たなコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」が登場。レクサスのラグジュアリーオープンを“レーシングテクノロジーで研ぎ澄ませた”とうたう、その実力やいかに!?
ホームへ戻る