「トヨタ・クラウン」マイナーチェンジで、燃費も改善

2010.02.08 自動車ニュース

「トヨタ・クラウン」マイナーチェンジで、燃費も改善

トヨタ自動車は、「クラウンロイヤル」「クラウンアスリート」「クラウンハイブリッド」のマイナーチェンジを実施。2010年2月8日に販売を開始した。

■2.5リッター車はレギュラーガソリン対応に

マイナーチェンジの眼目は、内外装の化粧直しと2.5リッターFR車の燃費改善。

エクステリアは全車でフロントバンパー/グリル/フォグランプ、リアコンビネーションランプなどの意匠を変更。「ロイヤル」はワイド感を強調し、「アスリート」はよりスポーティ感を際立たせたという。「ハイブリッド」については、従来「アスリート」由来のデザインだったものが、「ロイヤル」ベースのものに変更された。

インテリアは、木目調パネルの模様と仕上げを改め、色調の変更やシルバー加飾の追加などにより、上質感の向上が図られた。シート表皮の柄もリニューアルされている。

装備もグレードアップされ、HDDナビには目的地の目の前まで案内する機能を付加。ETCカードの有効期限を案内する機能や、携帯型オーディオプレイヤーとの接続を可能にするUSB端子が装備された。

加えて、2.5リッターFR車では、エンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御を改良し、燃費を12.0km/リッターから12.4km/リッターへアップ。これにより、エコカー減税(50%)が適用される。
さらに2.5リッター車はFR、4WDともに、従来プレミアム指定だったガソリンが、レギュラーに変更となったこともニュース。

マイナーチェンジと同時に、新グレードも設定。2.5リッター車には、装備を絞り、価格を引き下げた「スペシャルパッケージ」と、HDDナビ付きの「スペシャルナビパッケージ」が追加に。ハイブリッドには、上級装備を与えた「Lパッケージ」「Gパッケージ」がそれぞれ加えられた。

価格は「ロイヤル」が345.0万円から543.0万円、「アスリート」が355.0万円から559.0万円、「ハイブリッド」が540.0万円から620.0万円まで。

(webCG 本諏訪)

「クラウン3.0ロイヤルサルーンG」
「クラウン3.0ロイヤルサルーンG」 拡大
「クラウン3.5アスリート」
「クラウン3.5アスリート」 拡大
「クラウンハイブリッド 」
「クラウンハイブリッド 」 拡大

関連キーワード:
クラウン ロイヤル, クラウン アスリート, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
  • V6よりもやっぱり直6!? シリンダーの並べ方で何が変わる? 2019.10.9 デイリーコラム 新型「トヨタ・スープラ」が採用したり、メルセデス・ベンツが復活させたりと、何かともてはやされている直列6気筒エンジン。シリンダーを一直線に並べると、V6エンジンよりも優れたフィーリングが得られるものなのだろうか。河村康彦が語る。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る