新型「マツダ・アテンザ」は250万円から

2012.10.09 自動車ニュース

新型「マツダ・アテンザ」の予約受注開始

マツダは2012年10月6日、新型「マツダ アテンザ」の予約受注を開始した。メーカー希望予定小売価格は250万〜340万円(消費税込み)。発売は11月後半を予定している。

新型「アテンザ」は、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインテーマ「魂動(こどう)―Soul of Motion」を採用した、同社の新世代商品群の第2弾に当たる。

グレードはセダン、ワゴンとも、力強さと低燃費を実現したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」(2.2リッター直4ターボ)を搭載した「XD(クロスディー)」、新開発したガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」(2.5リッター直4)の「25S」、および「SKYACTIV-G 2.0」(2リッター直4)の「20S」という3種類が設定される。「XD」には「SKYACTIV-MT」と呼ばれる6段MT搭載車が用意される。

また、「魂動」デザインを象徴するイメージカラーとして、新色「ソウルレッドプレミアムメタリック」が採用される。これまで実現が難しかった躍動的な造形を際立たせる「強い陰影、深み」と、スポーティーさを訴えかける「鮮やかさ」という二つの要素を高いレベルで両立させたとうたわれる。こだわりをもつ職人の手で作り出すような、精緻で高品質な「匠塗(TAKUMINURI)」専用プログラムで塗装されるという。

安全性能については、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」が採用される。事故が避けづらい状況で衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティー技術だけでなく、より早い段階から運転手の認知支援を行うアクティブセーフティー技術も積極的に取り入れ、安全なドライビングをサポートする。

さらに、マツダ独自のアイドリングストップシステム「i-stop(アイ・ストップ)」に加え、乗用車用として世界で初めて蓄電器にキャパシターを使用した減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」が搭載され、実用域での燃費性能を向上させている。

メーカー希望予定小売価格は以下のとおり。

●アテンザ セダン
・20S(6AT):250万円
・25S L Package(6AT):300万円
・XD(6AT):290万円
・XD(6MT):302万6000円
・XD L Package(6AT):340万円

●アテンザ ワゴン
・20S(6AT):250万円
・25S L Package(6AT):300万円
・XD(6AT):290万円
・XD(6MT):302万6000円
・XD L Package(6AT):340万円

※ ボディカラーは全7色。特別塗装色「ソウルレッドプレミアムメタリック」を選択した場合は5万2500円高。「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を選択した場合は3万1500円高。(いずれも消費税込み)

(webCG)

―関連記事(カースコープ)はこちら

「アテンザ セダン XD Lパッケージ」
「アテンザ セダン XD Lパッケージ」 拡大
「アテンザ ワゴン XD Lパッケージ」
「アテンザ ワゴン XD Lパッケージ」 拡大
「アテンザ セダン XD Lパッケージ」オフホワイト内装
「アテンザ セダン XD Lパッケージ」オフホワイト内装 拡大
「アテンザ セダン 20S」
「アテンザ セダン 20S」 拡大
「アテンザ ワゴン XD Lパッケージ」
「アテンザ ワゴン XD Lパッケージ」 拡大
「アテンザ セダン XD Lパッケージ」
「アテンザ セダン XD Lパッケージ」 拡大
「アテンザ セダン 20S」の室内
「アテンザ セダン 20S」の室内 拡大

関連キーワード:
アテンザセダン, アテンザワゴン, マツダ, 自動車ニュース

マツダ アテンザセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「マツダ・アテンザセダン」に試乗。“マイチェン”とはいえ、その内容はエンジンやシャシーにも手が入った大規模なもの。現行型の最終バージョン(?)の仕上がりを確かめるとともに、来るべき次期型にも思いをはせた。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
ホームへ戻る