585万円の「ミツオカ・ビュート」が登場

2012.10.24 自動車ニュース

585万円の「ミツオカ・ビュート」が登場

光岡自動車は2012年10月24日、「ビュート」の特別仕様車「OTTAVA(オッターヴァ)」を発表した。10月25日に発売する。

「ビュート OTTAVA(オッターヴァ)」は、TBSホールディングスが運営するインターネットラジオ「OTTAVA」とのコラボレーションによって生まれた特別仕様車。「大量生産車にはないクラシカルな雰囲気とぜいたくさを楽しむ」というビュートの“本来の姿”を追求することをテーマとし、光岡とOTTAVAがラジオのリスナーの意見を吟味しながら作り上げた。パイオニア製のハイエンドオーディオシステムを搭載したり、スコットランドの最高級レザー「カレドニアン」を内装材として使用したりするなど、非常に凝った内容となっている。「ビュート12LX」(FF)をベースとする。

主な特別装備は以下のとおり。

<「ビュート OTTAVA」の主な専用装備>

・ハイエンドオーディオ「パイオニア・カロッツェリアX」
・本革シート(スコットランドの最高級レザー「カレドニアン」を使用)
・ウッドタイプインパネ(アナログ時計付き、カレドニアンレザー張り)
・ドアトリムおよびコンソール(カレドニアンレザー張り)
・ウッドタイプパーセルボード
・リアカーテン
・15インチアルミホイール+タイヤ(ブリヂストンPZ-XC)
・本革巻きステアリング(カレドニアンレザーを使用)
・本革張りラゲッジスペース(カレドニアンレザーを使用)
・エンブレム(トランクリッド、Cピラー)
・グリルバッジ
・バッグおよびアイテム(キーケース、メガネケース、ペンケース、フォトフレームなど)

車両価格は585万円。ボディカラーはマーブルホワイト、内装色はベージュ/オレンジブラウンとなる。

(webCG)

―関連記事(カースコープ)はこちら

関連キーワード:
ビュート, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ビュート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+/318iツーリング【試乗記】 2020.12.19 試乗記 クルマの本質は“素”のモデルにこそにじみ出る! 「218d」と「318i」、すなわち「2シリーズ グランクーペ」と「3シリーズ ツーリング」のエントリーグレードに試乗し、入門用BMWの実力をテストした。
  • 光岡自動車が「ビュート」「ビュートなでしこ」の予防安全装備を強化 2020.10.22 自動車ニュース 光岡自動車は2020年10月22日、コンパクトカー「ビュート」および「ビュートなでしこ」のマイナーチェンジモデルを発売した。予防安全装備の強化を図っており、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」を全車標準装備としている。
ホームへ戻る