「アストン・マーティン」、“究極のヴァンテージ”市販化へ【ジュネーブショー09】

2009.02.10 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】「アストン・マーティン」、“究極のヴァンテージ”市販化へ

英アストン・マーティンは2009年2月4日、ニューモデル「V12ヴァンテージ」を3月3日に開幕するジュネーブショーに出展すると発表した。

「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」は、現行ラインナップの2座スポーツカー「V8ヴァンテージ」をベースに、さらにパフォーマンスを高めたモデル。いわば、2007年12月に公開されたコンセプトカー、「V12ヴァンテージRS」の市販バージョンである。

鼻先には、4.7リッターV8(426ps、47.9kgm)に代えて、6リッターのV12エンジン(517ps、58.1kgm)を搭載。0-100km/h加速は4.8秒から4.2秒に短縮、最高速度は288km/hからさらに伸び、305km/hに達するという。
空力性能と冷却効率を上げるべく仕立て直されたエクステリアは、いっそうワイドになるなど、視覚的にもそのハイパフォーマンスを感じさせるもの。カーボンファイバーを中心に、同社のレース活動から得られた素材やコンポーネントが用いられる。

同社のチーフエグゼクティブオフィサー、ウルリッヒ・ベッツ氏によれば、このモデルはヴァンテージシリーズの“究極”。他のアストン・マーティンとはまた異なる、スリルと日常性を併せ持つユニークなモデルであるという。

かような「V12ヴァンテージ」の発売時期は、2009年第三四半期の予定。英国のゲイドンで、1000台を限度に生産される見込みとのことだ。

(webCG 関)

関連キーワード:
V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)【試乗記】 2010.5.17 試乗記 アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)
    ……2238万2850円

    アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズに、V12ユニットを搭載する最強モデルが登場! その実力や、いかに?
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • 第129回:引きこもれ! 中年カーマニア 2019.3.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第129回は「引きこもれ! 中年カーマニア」。AMG製V8ツインターボエンジンを搭載した「アストンマーティンDB11」に試乗。ドイツ製パワーユニットVS“イタリアの秘宝”フェラーリエンジン、その対決の行方は!?
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
ホームへ戻る