メルセデスの“販売60周年モデル”発売

2012.11.26 自動車ニュース

ヤナセ、「Cクラス」と「Eクラス」にメルセデス・ベンツ販売60周年の記念モデルを設定

ヤナセは2012年11月26日、メルセデス・ベンツの「Cクラス セダン/ステーションワゴン」と「Eクラス セダン」に、特別仕様車「60thアニバーサリー リミテッド」を設定。同年12月1日に発売すると発表した。

この特別仕様車は、ヤナセによるメルセデス・ベンツ車の販売60周年を記念して設定されたもの。ヤナセでは2012年6月にも「C180ブルーエフィシェンシー 60thアニバーサリー リミテッド」(セダン/ステーションワゴン)を販売しており、今回はそれに続く第2弾として、「Cクラス」のセダンとワゴンがそれぞれ150台ずつ、「Eクラス セダン」が60台の限定で販売される。

今回の「C180ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 60thアニバーサリー リミテッド」(セダン/ステーションワゴン)は、インテリアにピアノラッカー調ポーセレンインテリアトリムや、ブラックとポーセレンのツートン本革巻きステアリングホイール、ポーセレンステッチ入りレザーARTICOシートなどを採用。前席シートヒーターや2:1分割可倒式のリアシート(ステーションワゴンは標準装備)、専用フロアマットなども装備される。パークトロニックやキーレスゴーなど機能装備も充実している。ボディーカラーはポーラーホワイト、インテリアカラーはブラックの組み合わせだ。

一方「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 60thアニバーサリー リミテッド」は、ポーラーホワイトのエクステリアをAMGスタイリングパッケージのボディーパーツでドレスアップ。足まわりには「Mercedes-Benz」のロゴ入りブレーキキャリパーとドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)のほか、ベース車にはオプションでも用意されないデザインの18インチ5スポークアルミホイールが装着される。

また、レーダーセンサーによる安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」も標準装備となっている。

価格は「C180ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 60thアニバーサリー リミテッド」のセダンが465万円、同ステーションワゴンが485万円。「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 60thアニバーサリー リミテッド」のセダンが680万円となっている。

(webCG)

「C180ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 60thアニバーサリー リミテッド」
「C180ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 60thアニバーサリー リミテッド」 拡大
「Cクラス」のインテリアには、シートのほか、前後アームレストやドアパネル、シフトノブにもポーセレンのステッチがあしらわれる。
「Cクラス」のインテリアには、シートのほか、前後アームレストやドアパネル、シフトノブにもポーセレンのステッチがあしらわれる。 拡大
「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 60thアニバーサリー リミテッド」
「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 60thアニバーサリー リミテッド」 拡大
「Eクラス」は内装にナチュラルベージュのレザートリムを採用。シートヒーター内蔵の本革シートや専用フロアマットなども装備される。
「Eクラス」は内装にナチュラルベージュのレザートリムを採用。シートヒーター内蔵の本革シートや専用フロアマットなども装備される。 拡大

関連キーワード:
Cクラス セダン, Eクラス セダン, Cクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC220dステーションワゴン アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.12.12 試乗記 フルモデルチェンジに匹敵するほどの大幅改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。新世代ディーゼルエンジンが搭載された「C220dステーションワゴン」の試乗を通し、新しい技術や装備を矢継ぎ早に投入する、メルセデス・ベンツの戦略に触れた。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
ホームへ戻る