「ボルボS60/V60」に充実装備の特別仕様車

2012.11.27 自動車ニュース

「ボルボS60/V60」に充実装備の特別仕様車

ボルボ・カーズ・ジャパンは2012年11月27日、セダンの「S60 T4」とワゴンの「V60 T4」に特別仕様車「スカンジナビアン・リミテッド」を設定し、それぞれ40台と100台の限定で、販売を開始した。

「スカンジナビアン・リミテッド」は、1.6リッター直噴ターボモデルの「T4」をベースに、スカンジナビアのモダンなテイストを表現した内外装色を組み合わせ、装備を充実させた特別仕様車だ。

インテリアには、「ビーチウッド」と呼ばれるブラウン色のレザーシートを装備。センターコンソールには「シマーグラファイトアルミニウム・パネル」が用いられ、「シルクメタル」をセンター部分に配した本革巻きステアリングホイールなども採用されている。

一方エクステリアでは、足まわりに「Balder」と呼ばれる17インチアルミホイールを装備。ボディーカラーは「エンバーブラックメタリック」のほか、「V60」には「コスミックホワイトメタリック」も用意される。

このほかにも、ヘッドライトウォッシャーや自動光軸調整機構付きデュアルキセノンヘッドライトなどを装備。安全に関する機能についても、歩行者や車両との追突を回避、もしくは被害を軽減するフルオートブレーキ・システムの「ヒューマン・セーフティ」や、「全車速追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」などが標準装備される。

価格は「S60 T4 スカンジナビアン・リミテッド」が437万円、「V60 T4 スカンジナビアン・リミテッド」が457万円と、ともにベース車プラス58万円となっている。

(webCG)

「ボルボ S60 T4 スカンジナビアン・リミテッド」
「ボルボ S60 T4 スカンジナビアン・リミテッド」 拡大

「ボルボS60/V60」に充実装備の特別仕様車の画像 拡大

関連キーワード:
V60, S60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.1 試乗記 ワゴンとしての魅力を磨いた現行型「ボルボV60」。そのプラグインハイブリッドモデルが、いよいよ日本の道を走り始めた。ボルボの世界戦略を担う電動パワートレインと伝統的なエステートスタイルとの組み合わせを、中間グレードの「T6インスクリプション」で試す。
  • ボルボV90 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.27 試乗記 クリーンディーゼルを搭載するボルボの大型ワゴン「V90」で、600kmオーバーのロングドライブへ。そのステアリングを握った筆者の目には、家族や友人と過ごす豊かなライフスタイルのイメージが鮮やかに浮かんできた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
ホームへ戻る