日産、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」など5車種に安全装備を追加

2008.10.02 自動車ニュース

日産、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」など5車種に安全装備を追加

日産自動車は、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」「ティーダラティオ」「ウイングロード」の仕様を変更し、2008年10月1日に発売した。

今回の変更点は、装備の追加。ユーザーから要望の多い安全装備を設定するとともに、4WD全車に寒冷地仕様を標準化し、安全性を高めた。

「フーガ」は、運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム+SRSカーテンエアバッグや、クリスタルブルーキセノンヘッドランプ+アクティブAFSを、今まで未装着だった一部グレードに採用し、全車標準装備とした。

「シルフィ」「ティーダ」「ティーダラティオ」「ウイングロード」は、一部グレードにインテリジェントキー+エンジンイモビライザーを標準装備するとともに、カーナビ装着車にETCユニットを標準設定。加えて、1.8リッター車の「ティーダ」「ティーダラティオ」には15インチアルミホイールを、ウイングロードの一部グレードにはトノカバーとプライバシーガラスも装備する。価格は以下のとおり。

フーガ:414万2250円から468万3000円
シルフィ:184万2750円から211万6800円
ティーダ:168万7350円から200万7600円
ティーダラティオ:168万7350円から208万6350円。
ウイングロード159万6000円から200万7600円

(webCG ワタナベ)

「フーガ」
「フーガ」
「シルフィ」
「シルフィ」
「ティーダ」
「ティーダ」
「ウイングロード」
「ウイングロード」

関連キーワード:
ティーダ, ウイングロード, フーガ, シルフィ, ティーダラティオ, 日産, 自動車ニュース

日産 ティーダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)【試乗記】 2018.11.1 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」を手がけたオーテックが、もうひとつのスペシャルバージョン「ノートe-POWER AUTECH」を開発。その走りにはどのような違いがあるのか、「スポーツスペック」と名付けられた上級グレードで確かめた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
ホームへ戻る