日産、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」など5車種に安全装備を追加

2008.10.02 自動車ニュース

日産、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」など5車種に安全装備を追加

日産自動車は、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」「ティーダラティオ」「ウイングロード」の仕様を変更し、2008年10月1日に発売した。

今回の変更点は、装備の追加。ユーザーから要望の多い安全装備を設定するとともに、4WD全車に寒冷地仕様を標準化し、安全性を高めた。

「フーガ」は、運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム+SRSカーテンエアバッグや、クリスタルブルーキセノンヘッドランプ+アクティブAFSを、今まで未装着だった一部グレードに採用し、全車標準装備とした。

「シルフィ」「ティーダ」「ティーダラティオ」「ウイングロード」は、一部グレードにインテリジェントキー+エンジンイモビライザーを標準装備するとともに、カーナビ装着車にETCユニットを標準設定。加えて、1.8リッター車の「ティーダ」「ティーダラティオ」には15インチアルミホイールを、ウイングロードの一部グレードにはトノカバーとプライバシーガラスも装備する。価格は以下のとおり。

フーガ:414万2250円から468万3000円
シルフィ:184万2750円から211万6800円
ティーダ:168万7350円から200万7600円
ティーダラティオ:168万7350円から208万6350円。
ウイングロード159万6000円から200万7600円

(webCG ワタナベ)

「フーガ」
「フーガ」
「シルフィ」
「シルフィ」
「ティーダ」
「ティーダ」
「ウイングロード」
「ウイングロード」

関連キーワード:
ティーダ, ウイングロード, フーガ, シルフィ, ティーダラティオ, 日産, 自動車ニュース

日産 ティーダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • エコカーのふりした走りのクルマ? 新型「日産ノート」で気になること 2020.12.4 デイリーコラム フルモデルチェンジですっかり見た目の変わった、日産のコンパクトカー「ノート」。では中身のほうは? 3代目となる新型について、気になることを開発のキーパーソンに聞いてみた。
  • ホンダCRF250ラリー<s>(6MT)【レビュー】 2021.4.21 試乗記 ラリーマシンをほうふつとさせる、ホンダの250cc級アドベンチャーモデル「CRF250ラリー」がフルモデルチェンジ。車体もエンジンも新しくなった新型は、普段使いでも「ホンダの本気」を感じられる一台に仕上がっていた。
  • より高精度なエンジンを搭載した「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」登場 2021.4.14 自動車ニュース ハイパフォーマンスカー「日産GT-R NISMO」の2022年モデルと、これをベースとする特別仕様車「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」が登場。両モデルとも、2021年10月の発売が予定されている。
ホームへ戻る