「トヨタ・プレミオ」に専用装備充実の特別仕様車

2008.09.02 自動車ニュース

「トヨタ・プレミオ」に専用装備充実の特別仕様車

トヨタは、ミディアムセダン「プレミオ」に専用装備充実の特別仕様車「2.0G“SUPERIOR(スペリア)”」を設定し、2008年9月2日に発売した。

今回の特別仕様車は、ディスチャージヘッドランプや運転席8ウェイパワーシートなどを装備する2リッターの「2.0G“EXパッケージ”」をベースに、さらに専用装備を追加し、高級感を出した仕様。

内装に、本革シートや前席の快適温熱シート、チークブラウンの専用木目調パネルなどを採用。外観では、専用フロントメッキグリル&フロント・リヤエンブレム、ヘッドランプ(ティントグリーンエクステンション)などを特別装備。加えて、HDDナビゲーションシステム、前席SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグなどを備える。

ボディカラーは、ブラックマイカを追加し、全7色を設定。
価格は、ベースより51万4500円高い、294万円となる。

(webCG ワタナベ)

「2.0G“SUPERIOR”」
「2.0G“SUPERIOR”」

関連キーワード:
プレミオ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プレミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る