「ブガッティ・ヴェイロン16.4」にオープントップモデル追加

2008.08.07 自動車ニュース

「ブガッティ・ヴェイロン16.4」にオープントップモデル追加

仏ブガッティは、2008年8月16日にアメリカ・ペブルビーチで開催される「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、「ブガッティ・ヴェイロン16.4 グランドスポーツ」を世界初公開すると発表した。

「ブガッティ・ヴェイロン16.4 グランドスポーツ」は、クーペモデルをベースに、ルーフを取り外し可能とした車両。8リッターW16エンジン+4ターボチャージャーで最高出力1001psを絞り出すなど、エンジンスペックはクーペと同じながら、オープン化にともなう安全対策も施されているという。

日本での販売はニコル・レーシング・ジャパンが担当し、販売価格は2億5300万円。総生産台数は150台とされる。
なお、ペブルビーチでの公開を終えた翌日には、2009年春ごろに生産される1号車が「グッディング・オークション」にて競売にかけられる予定だ。

(webCG 本諏訪)

「ブガッティ・ヴェイロン16.4」にオープントップモデル追加の画像

「ブガッティ・ヴェイロン16.4」にオープントップモデル追加の画像

関連キーワード:
ヴェイロン16.4, ブガッティ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ブガッティ・ヴェイロン16.4(20) 2005.12.7 画像・写真 2005年の東京モーターショーで正式に市販モデルとして発表された「ブガッティ・ヴェイロン16.4」。最高出力1001ps、最高速度400km/hオーバーを豪語するスパースポーツの全貌!
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.3.15 試乗記 「アストンマーティンDB11」のラインナップに「ヴォランテ」が加わった。510psの4リッターV8ツインターボがもたらす速さは、もちろんこのクルマの魅力には違いない。しかし、ヴォランテならではの魅力は、優雅に走ってこそ際立ってくるだろう。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
ホームへ戻る