アウディTTの高性能版「TTS」登場【ジュネーブショー08】

2008.03.05 自動車ニュース

【ジュネーブショー08】アウディTTの高性能版「TTS」登場

アウディはジュネーブショーで、TTシリーズの高性能版「TTS」を発表、2008年夏より順次各市場で発売を開始する。

■Sラインを超える迫力

「アウディTTS」は、TTクーペとTTロードスターをそれぞれベースに、エンジンを高出力化し、内外装にも専用装備を奢ったシリーズの上級バージョンだ。

エクステリアは、LED式のデイライトを内蔵した新意匠のヘッドライトが与えられたほか、シングルフレームグリルには縦枠を強調したデザインを採用。バンパー形状も標準モデルとは異なる。

このほかエアロフォルムを採り入れたサイドシルや、アルミ仕上げのサイドミラー、ディフューザー形状のリアバンパー、18インチツインスポークアルミホイール、左右2本出しのツインマフラーなど、従来の「S-line」仕様よりさらにスポーティな仕上がりとした。

内装については、レザー/アルカンターラ仕様のスポーツシートが標準装備。より上級なシルクナッパレザー仕様がオプションで用意される。グレー地に白い針を組み合わせたメーターやTTSロゴ入りのマルチファンクションステアリングも標準装備される。

■72psアップの2リッターターボ

エンジンは、2リッター直噴ターボ「TFSI」のハイパワーバージョン。スペックは、最高出力が272ps、最大トルクが35.7kgmと、現行の「2.0TFSI」比でパワーが72ps、トルクは7.2kgmと大幅にアップした。

最大トルクを2500〜5000rpmの広範囲にわたり発生し続けるなど、実用領域での扱いやすさが高めた点も見逃せない。

トランスミッションは、6段MTとSトロニックこと6段ATが選択可能。燃費は、クーペ6段MT仕様で約12.5km/リッター。6段Sトロニック仕様ではその数値を若干上回るという。

このほか機能面では、サスペンションやブレーキも強化されており、10mmダウンのスポーツサスペンションや17インチ大径ブレーキローターが搭載される。

(webCG 曽宮)

アウディTTSクーペ
アウディTTSクーペ
アウディTTSロードスター
アウディTTSロードスター
アウディTTSクーペ
アウディTTSクーペ
アウディTTSロードスター
アウディTTSロードスター
アウディTTSロードスター
アウディTTSロードスター

関連キーワード:
TTSクーペ, TTSロードスター, アウディ, ジュネーブモーターショー2008, イベント, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ 2020.12.28 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> スーパーカー顔負けのパフォーマンスを誇る「アウディTT RSクーペ」が、極めて優れたスプリンターなのは間違いない。そして、そのステアリングを握ったドライバーは、アウディが長年培ってきた情熱と個性にも心を動かされることだろう。
  • アウディTT RSクーペ/RS 3セダン/RS Q3/R8クーペ【試乗記】 2020.12.16 試乗記 アウディのモータースポーツ活動を担い、そこで得た知見をもとに特別なハイパフォーマンスモデルを開発するアウディスポーツ。彼らが手がけた3台のRSモデル「TT RS」「RS 3セダン」「RS Q3」と、スーパーカー「R8」を、富士スピードウェイで試した。
  • デビュー20周年を記念した「アウディTT」の限定車発売 2019.4.24 自動車ニュース アウディ ジャパンは、「TT/TTS/TTロードスター」のマイナーチェンジモデルを2019年5月9日から順次発売する。あわせてTTのデビュー20周年を記念した特別仕様車「TT 20 years」を発表、同年6月10日に20台の台数限定で販売を開始する。
  • 「アウディTT」にスポーティーな装いの限定モデル「Sライン コンペティション」登場 2020.6.16 自動車ニュース アウディのコンパクトスポーツクーペ「TT」に、150台の限定モデル「Sライン コンペティション」が登場。「アウディ・クワトロ」の誕生40周年を記念して設定されたモデルで、よりスポーティーに仕立てられた内外装を特徴としている。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
ホームへ戻る