第13回:今度は本気!? アバルト・ブランド復活大作戦!「アバルトビデオ」も大興奮

2007.10.20 マッキナ あらモーダ!

第13回:今度は本気!? アバルト・ブランド復活大作戦!「アバルトビデオ」も大興奮

アバルトディーラー32店舗一気にオープン!

フィアットによるアバルト・ブランド復活作戦が、本国イタリアでいよいよ本格的に始まった。
2007年9月19日、お膝元トリノのマルケ通りには、「オフィチーネ・アバルト」がオープンした。750平方メートルにわたる展示スペースやショップのほか、170平方メートルの工房を備えるフラッグシップ・ショールームである。ビジターは広いガラス越しに、工房内で行なわれているチューニングの様子を眺められる。なかなか憎いアイディアだ。

それに続いて先週末の10月13日、14日には、イタリア全国32店に新設されたアバルト・ディーラーが一斉に開店した。
呼び物は、新生アバルト第一弾である「グランデプント・アバルト1.4ターボ155HP」である。
ノーマル仕様の「グランデプント」とは別物のフロントバンパーをもち、サイドにはトラディショナルなABARTHストライプが走る。赤いミラーも目を惹く。
インテリアには専用のバケットシートが奢られ、レザートリムやカーボン風ダッシュボードパネルがスポーティムードの演出に一役買っている。

最高速度208km/h、0-100km/h加速8.2秒というこのモデルの、イタリアにおける販売価格は、1万7800ユーロ(約295万円)である。この国においては、「MINI One」とほぼ同じ価格だ。

「グランデプント・アバルト」
「グランデプント・アバルト」 拡大
オフィチーネ・アバルト(トリノ)のレセプション。
オフィチーネ・アバルト(トリノ)のレセプション。 拡大
ファッション・ラインもあり。
ファッション・ラインもあり。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

アバルト グランデプント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マットグレーの外装色でレーシーに仕立てた特別仕様車「アバルト595モメント」登場 2021.3.10 自動車ニュース FCAジャパンは2021年3月9日、「アバルト595コンペティツィオーネ」をベースとした限定車「アバルト595 Momento(モメント)」を設定し、販売を開始した。限定台数は80台で、右ハンドル仕様のほか、左ハンドル仕様もラインナップしている。
  • ロータスが新型車「エミーラ」を発表 新世代製品群の旗手を担う第1弾モデル 2021.7.7 自動車ニュース 英ロータスが新型スポーツカー「エミーラ」を発表。同社の次世代商品群の第1弾となるモデルで、プラットフォームには全面的に設計を刷新したアルミシャシーを採用。ロータスとしては初となるAMG製エンジンの搭載もトピックとなっている。
ホームへ戻る