フランクフルトショー2015の会場から(その15)

2015.09.23 画像・写真

フェラーリはフランクフルトショー2015(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で「488スパイダー」を発表した。(関連記事はこちら)

488スパイダーは、V8エンジンをミドシップ搭載したクーペ「488GTB」をベースに、リトラクタブルハードトップを採用したオープンモデル。2分割構造のハードトップは、重なり合いながらキャビンの後方に格納される。開閉に要する時間はそれぞれ約14秒。

488GTBと同じスペックを持つ3.9リッターV8ツインターボエンジン(670ps、77.5kgm)を搭載し、7段デュアルクラッチ式ATが組み合わされる。0-100km/h加速が3.0秒で、最高速は325km/h以上。(写真=webCG取材チーム)

→「フェラーリ488スパイダー」の詳しい画像(オフィシャルフォト)はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2020展示車両(その11) 2020.1.12 画像・写真 日本車ベースのカスタマイズカーが数多く出展される東京オートサロン。しかしその中にあっても、イタリアンスーパーカーは特別な存在として来場者の視線を集めていた。大口径ホイールでカスタマイズされたTWSブースのフェラーリを写真で紹介する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
  • いきなり受注2000台! 新型車「トヨタGRヤリス」はなぜモテる? 2020.1.31 デイリーコラム 東京オートサロン2020で予約受注がスタートするや、たちまち大フィーバーとなったトヨタの高性能ハッチバック「GRヤリス」。その反響の理由と、モータースポーツにおける存在意義について識者が語る。
ホームへ戻る