アウディQ2

2017.04.26 画像・写真

アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。(写真=アウディ ジャパン)

→関連ニュース「アウディがコンパクトSUV『Q2』を発表」

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディが「Q2」の仕様を変更、安全装備の設定を拡大 2018.9.20 自動車ニュース アウディがコンパクトSUV「Q2」の仕様を変更。エントリーグレード「30 TFSI」にも自動緊急ブレーキやレイン/ライトセンサーを採用したほか、上位2グレードにはQ2として初めて「S lineパッケージ」を設定した。
  • アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2019.1.9 試乗記 既存のヒエラルキーの外にあるという、野心的なポジションで誕生した「アウディQ2」も、日本での販売開始から1年半の時が経過した。あらためてステアリングを握り、ワインディングロードに連れ出すと、導入初期のモデルでは気付かなかったものが見えてきた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
  • 独自のカラーリングでそれぞれ違った個性を表現 「アウディQ2」に2タイプの限定車登場 2019.7.17 自動車ニュース アウディ ジャパンは2019年7月17日、「Q2」に「♯パッション」および「♯ブラックエレガンス」の2タイプの特別仕様車を設定し、販売を開始した。カタログモデルとは異なるカラーリングを採用し、Q2の高いデザイン性をさらに強調するとうたわれている。
ホームへ戻る