アストンマーティン・ヴァンテージ

2017.11.22 画像・写真

英アストンマーティンが、世界6カ国で新型「ヴァンテージ」を同時発表した。今日におけるヴァンテージはアストンマーティンがラインナップする2シーターのスポーツカーであり、今回の新型は、2016年3月に発表された「DB11」に続く同社新世代商品群の第2弾となる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4465×1942×1273mm。車両重量は1530kg。エンジンは4リッターV8ツインターボで、510psの最高出力と685Nmの最大トルクを発生。8段ATとの組み合わせにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。

レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その詳細な姿を写真で紹介する。

◆新型「ヴァンテージ」発表会のフォトギャラリーはこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • 「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」デビュー リアシートを取り払うなどして最大で130kgの軽量化を実現
    2019.7.9 自動車ニュース 仏ルノーは2019年7月5日、新型「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」のトップカテゴリーモデル「トロフィーR」を、同年内に発売すると発表した。「メガーヌR.S.トロフィー」(日本未導入)のさらなるハイチューンバージョンであり、よりサーキット志向を強めているのが特徴だ。
ホームへ戻る