新型アストン、4200万円で150台限定発売』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)【試乗記】 2010.5.17 試乗記 アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)
    ……2238万2850円

    アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズに、V12ユニットを搭載する最強モデルが登場! その実力や、いかに?
  • ポルシェ・パナメーラGTSスポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】
    2019.11.11 試乗記 ポルシェの「パナメーラ スポーツツーリスモ」に追加設定された「GTS」は、「4S」と「ターボ」の間に位置するモデル。最高出力460PSの4リッターV8ツインターボエンジンとワゴンボディー、そして強化された足まわりの組み合わせは、どんな走りを味わわせてくれるのか?
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB9 GT(FR/6AT)【試乗記】 2016.1.9 試乗記 英国で“手作り”されるアストンマーティンの高級スポーツカー「DB9」が、より高出力のエンジンを搭載した「DB9 GT」に進化。「ダウンサイズなどどこ吹く風」といった6リッターV12のパワーフィールと、ボディーコントロール能力の高さが織り成す走りを試す。
  • 第129回:引きこもれ! 中年カーマニア 2019.3.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第129回は「引きこもれ! 中年カーマニア」。AMG製V8ツインターボエンジンを搭載した「アストンマーティンDB11」に試乗。ドイツ製パワーユニットVS“イタリアの秘宝”フェラーリエンジン、その対決の行方は!?
ホームへ戻る