「Lamborghini Night 2019」の会場から

2019.12.17 画像・写真

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは2019年12月13日、東京・青山の Francfranc SQUAREで「Lamborghini Night 2019」を開催した。このイベントは、オーナーや一般来場者も訪れる、同社主催の一年を締めくくる恒例イベント。今回は同年8月のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで初公開された限定モデル「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」のほか、「ウラカンEVO」「ウラカンEVOスパイダー」「ウルス」といった最新モデルが顔をそろえた。イベントの冒頭でランボルギーニ・ジャパンのカントリーマネージャー、フランチェスコ・クレシ氏が登壇。「グローバルの販売台数は過去最高となる8000台(2019年度)を見込んでいます。この成長は日本においても同様で、国内では前年比16%増となる約650台が販売される見通しです。ランボルギーニ・ジャパンはこうした新記録を打ち立てながら、販売台数は2013年から6年連続で前年比アップ、その数は(2013年当時の)5.5倍に達しました」などと、好調な現況を紹介した。華やかなランボルギーニのオリジナルクリスマスツリーも飾られた会場の模様を、写真で紹介する。
(写真=ランボルギーニ・ジャパン/webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る