新型「アウディA6オールロードクワトロ」発売

2006.08.23 自動車ニュース

新型「アウディA6オールロードクワトロ」発売

アウディ・ジャパンは、一新された「アウディA6オールロードクワトロ」を、2006年9月30日に発売する。3.2リッターV6「3.2 FSI」(790.0万円)と4.2リッターV8「4.2 FSI」(980.0万円)の2車種を用意。あわせて、「A6/A6アバント」に変更を加えた。

2000年デビュー、「A6アバント」をベースにオフロード性能を高め、SUV風に味付けした、当時主に北米で流行したシャコ高ワゴン「オールロードクワトロ」が、2代目へと進化した。

専用デザインのバンパーやフェンダーアーチモールなどでアバントと差別化。高強度スチールとアルミなどで構成されたボディは、全長×全幅×全高=4935×1860×1490mm、ホイールベース=2845mmで、これをもとに「快適に5人が乗車できるスペース」(プレスリリース)や、最大1660リッターまで拡大する荷室を載せた。

日本仕様は、ガソリン直噴「FSI」エンジン搭載モデルのみ。3.2リッターV6は255ps、33.6kgmを発生、4.2リッターV8は350ps、44.9kgmというアウトプットだ。トランスミッションは6段のティプトロニックのみ。駆動方式はもちろんクワトロ、4WDとなる。

標準装備の車高調整機能付きエアサスペンションは先代同様のアイテム。A6オールロードクワトロ専用に設定された「オールロード」モード付きで、5段階で車高を調整できる。さらに専用開発ESP(エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム)は、荒れた路面でのトラクション確保に一役買うとされる。

なお、A6/A6アバントでは、装備の変更などに加え、上級グレードのエンジンを4.2リッターV8のFSIとした。これにより、エントリーグレード用2.4リッターを除いて全車がFSIユニットとなった。セダンは565.0万円から、アバントは591.0万円から。

(webCG 有吉)

アウディ・ジャパン:
http://www.audi.co.jp/

 
新型「アウディA6オールロードクワトロ」発売の画像

関連キーワード:
A6, A6オールロードクワトロ, A6アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2020.4.3 試乗記 スタイリッシュなマツダの新型SUV「CX-30」に、新世代ガソリンエンジン搭載モデルが登場。大きな期待を胸にステアリングを握った筆者だったが、その走りには、気になる点がないわけではなかった。
ホームへ戻る