モデル末期でもお構いなし、アメリカで「カローラ」が大人気なワケ

2006.08.10 自動車ニュース

モデル末期でもお構いなし、アメリカで「カローラ」が大人気なワケ

アメリカでいま、「トヨタ・カローラ」が売れに売れている。2006年7月の月間販売台数は、4万1892台。これは前年同月比のプラス42.3%(!)という大躍進である。

■大ブレイクしている理由はただひとつ

北米トヨタのウェブサイト(http://www.toyota.com/)でも、トップページに「カローラ」が大写しになるなど、同車への注目度はウナギ上りだ。

しかし、よく考えてみればカローラ、もうすぐ10代目へとフルモデルチェンジされる。つまりいま売れているのは、モデル末期版なのだ。

では、北米各地のトヨタ店が在庫一掃処分の大安売りをしているかと思えば、さにあらず。あくまでも、適正価格と適正リベート(トヨタ本部が一律に負担する顧客への割引額)で販売されているのだ。これは、日本では考えられない現象だ。

一般的に日本でのクルマの売れ方は「新車効果」と呼ばれ、フルモデルチェンジ直後は売れるが、短期間のうちに販売台数は急激に落ちる。その後は特別仕様、マイナーチェンジを受けながら6年前後のモデルライフを生き抜くのが常識とされている。

いま、モデル末期カローラが大ブレイクしている理由はただひとつ。ガソリン価格の高騰による“クルマのダウンサイジング”だ。
巨大SUVブームは急激に冷め、「シボレー・サバーバン」からカローラへの買い替えすら珍しくなくなった。カローラの販売ペースがこのまま続けば、「カムリ」と並んで年間販売台数40万台級の大台に手が届きそうだ。

(文=桃田健史(IPN))

モデル末期でもお構いなし、アメリカで「カローラ」が大人気なワケの画像

関連キーワード:
カローラ アクシオ, カローラ ランクス, カローラ フィールダー, トヨタ, -->, 自動車ニュース

トヨタ カローラ アクシオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • ただいま鋭意開発中! 次期「トヨタ86/スバルBRZ」でいま考えられること 2020.3.27 デイリーコラム モデル末期をにおわせる「トヨタ86」の限定車が登場。兄弟車「スバルBRZ」ともども、いよいよフルモデルチェンジのときが近づいてきたようだ。現時点で考えうる、デビュー時期やメカニズムについて予想してみた。
  • 2台そろって新世代へ 新型の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「アウディA3スポーツバック」はどう違う? 2020.3.25 デイリーコラム 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に続いて「アウディA3スポーツバック」の新型が登場した。ともにグループ内でCセグメントハッチバックの基幹車種と呼べるモデルだが、ブランドヒエラルキーのもとでどのような差がつけられているのだろうか。細かくチェックした。
ホームへ戻る