「スーパーカブ」シリーズ、世界生産累計5000万台を達成!

2006.02.09 自動車ニュース

「スーパーカブ」シリーズ、世界生産累計5000万台を達成!

本田技研工業は、世界中のひとびとのアシとして使われている二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2005年12月末で5000万台を達成したと発表した。

初代「スーパーカブ」は、2ストエンジン主流の時代に50ccの4ストエンジンを搭載して1958年に誕生。以来、改良はされつつも基本コンセプトをずっと守りつづけ、いまでは世界13カ国で生産され、160カ国以上で愛用される実用バイクとして、5000万台を迎えた。ホンダが調べたところによると、エンジン付き乗り物としての世界生産累計台数が5000万台を達成したのは初めてという。

(webCG 有吉)

本田技研工業「バイク」:
http://www.honda.co.jp/motor/

 
「スーパーカブ」シリーズ、世界生産累計5000万台を達成!の画像

初代のスーパーカブC100日本仕様(上)と、5000万台目のスーパーカブ50ストリート仕様。ソバ屋の出前からちょっとこじゃれた街乗りまでをこなす万能の乗り物。ガソリン1リッターで130km以上も走るという超低燃費バイクでもある。
 

	初代のスーパーカブC100日本仕様(上)と、5000万台目のスーパーカブ50ストリート仕様。ソバ屋の出前からちょっとこじゃれた街乗りまでをこなす万能の乗り物。ガソリン1リッターで130km以上も走るという超低燃費バイクでもある。
	 

関連キーワード:
スーパーカブ, ホンダ, -->, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • 冒険ライダーの心をくすぐる「ホンダCT125ハンターカブ」の魅力と新しい楽しみ方 2020.4.6 デイリーコラム この3月にいよいよ正式発表された「ホンダCT125ハンターカブ」。その人気はすさまじく、発売前にもかかわらず年間販売計画を超える受注を集めたという。ビギナーからも古参のライダーからも注目される、小さな“冒険バイク”の魅力に迫る。
  • ホンダの新型バイク「CT125ハンターカブ」正式デビュー 2020.3.23 自動車ニュース 本田技研工業は2020年3月20日、第二種原動機付自転車のニューモデル「CT125ハンターカブ」を同年6月26日に発売すると発表した。「スーパーカブC125」の発展型で、不整地における高い走破性が特徴のひとつとなっている。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
ホームへ戻る