マツダ、新型「MPV」先行発表、レース用「ロードスター」「RX-8」も【東京オートサロン06】

2006.01.13 自動車ニュース

【東京オートサロン06】マツダ、新型「MPV」先行発表、レース用「ロードスター」「RX-8」も

2006年1月13日、年初恒例のカスタマイズカー、ドレスアップカーの祭典「東京オートサロン with NAPAC」が千葉県・幕張メッセで開幕した。会期は15日まで。
マツダは、来月発売予定のミニバン「MPV」の新型や、昨年のカー・オブ・ザ・イヤー受賞車「ロードスター」と、唯一のロータリーモデル「RX-8」のレース仕様などを展示した。

■MPV、2月2日デビュー

ちょっと暗めのステージには、ニューMPVとロードスター。「MPV、2月2日デビュー」と堂々とローンチ日を告知しており、発売日をうやむやにしながらニューモデルをこっそり出展している他メーカーと比べ、なんだか気持ちがいい。

マルチ・パーパス・ビークル、MPVは3代目に突入。ホイールベースを含めひとまわり大きく、いっぽうで背を低め、「マツダスピードアテンザ」に次いで2.3リッター「MZR」ターボエンジンを採用したことが主なポイントだ。

最近のマツダ顔を与えられた新型MPV。スポーツサウンドマフラーなどで力強さを出したという「マツダスピード・パッケージ」、老舗エアロブランドが手がけた「ケンスタイル」、スポーティな「ダムド」がブースを飾っていた。

■ロードスター、RX-8の「NR-A」

「人馬一体」、オープンスポーツのロードスターでは、2006年スタート予定のワンメイクレース「ロードスターパーティレース」に出場可能なナンバー付き「ロードスターNR-A」や、カー用品店オートバックスのオリジナルカスタマイズモデル「monoCRAFT MH1」をレトロなレーサー風に仕上げた「ロードスター・サーキットトライアル」など、そのキャラを活かしたモデルが並んだ。

またRX-8にもNR-A仕様があり、こちらは250psの6段マニュアル「タイプS」に、ロールバーなどの安全装備やレースモデルならではのアイテムを付けた内容だ。

そのほかには、2006年初頭にリース販売開始を予定している水素ロータリーエンジン車「RX-8ハイドロジェンRE」や、「ベリーサ」「プレマシー」のカスタマイズカーを見ることができた。

(webCG 有吉)

マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

 
マツダ、新型「MPV」先行発表、レース用「ロードスター」「RX-8」も【東京オートサロン06】の画像

3代目となる新型「MPV」
 

	3代目となる新型「MPV」
	 

ニューMPVは快適性でも向上したとか。大き目のセカンドシート、クッションチルト機構やオットマン、大型ヘッドレストなどが用意されるという。
 

	ニューMPVは快適性でも向上したとか。大き目のセカンドシート、クッションチルト機構やオットマン、大型ヘッドレストなどが用意されるという。
	 

グリーンがレトロな雰囲気を醸し出している「ロードスター・サーキットトライアル」
 

	グリーンがレトロな雰囲気を醸し出している「ロードスター・サーキットトライアル」
	 

ナンバー付き車両で競えるワンメイクレースシリーズ、「RX-8パーティレース」に出られる「RX-8 NR-A仕様」
 

	ナンバー付き車両で競えるワンメイクレースシリーズ、「RX-8パーティレース」に出られる「RX-8 NR-A仕様」
	 

関連キーワード:
MPV, ロードスター, RX-8, マツダ, 東京オートサロン2006, イベント, 自動車ニュース