【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」
ポルシェ・ケイマンS

2005.10.25 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ポルシェ・ケイマンS:第4のポルシェはボクスターベースのピュアスポーツ

ポルシェの世界が一歩近づいた。ボクスターから生まれた新しいクーペ「ケイマンS」が早くも日本で一般公開。

■絶好調のポルシェが放つ新たなスポーツクーペ

景気停滞が叫ばれるドイツにあって、昨年度は対前年比15%アップの販売を記録し、ノリにのるポルシェ。その原動力は、リニューアルおよびラインアップ強化を図る「911」に、正常進化を遂げた「ボクスター」、新しい顧客層を開拓した「カイエン」。つまり、すべてのモデルで成功を収めているわけだが、これに追い打ちをかけるように9月のフランクフルトモーターショーで発表されたのが「ケイマンS」である。日本でも受注が始まっているが、早くも東京モーターショーで一般公開がスタート。ポルシェ第4のモデルへ人々の関心は非常に高く、日本でのヒットはほぼ確実である。

■ようこそポルシェワールドへ

ご存じのように、このケイマンSは、ポルシェのミドシップオープンスポーツであるボクスターをベースに、固定式ルーフとテールゲートを与えたクーペモデルだ。日本では6段マニュアルと5段ティプトロニックを選ぶことが可能で、価格はそれぞれ777万円と819万円。これはボクスターSの同じトランスミッションの仕様よりも82万円高い。価格だけで見ると、ボクスターと911のギャップを埋めるモデルということができるのだが、ポルシェのクーペがほしいという人にとっては、911カレラよりも300万円以上も安い、格好のエントリーモデルということになる。

■伝統のフラット6をミドシップマウント

ケイマンSに搭載されるのは、ポルシェご自慢の水平対向6気筒、いわゆるフラット6だ。ボクスターSの3.2リッターエンジンをベースに、排気量を3.4リッターまでアップするとともに、911シリーズに採用される可変バルブタイミング&リフトシステムの「バリオカムプラス」を搭載することで、最高出力295ps/6250rpm、最大トルク34.7kgm/4400-6000rpmという高い性能を実現している。これをボクスター同様、座席とリアアクスルの間に配置し、重量バランスの最適化が図っている。また、基本的にはボクスターと同じデザインのサスペンションとなるが、ケイマンではボクスターよりもハードに設定される。

■スポーツ走行をさらに楽しくする装備も

加えて、クーペ化によるボディ剛性のアップが効いて、ある部分では911を凌ぐほどのハンドリング性能を手に入れたという。ポルシェスタビリティマネージメントシステムは標準装備。スイッチひとつで快適性重視のスポーティなモードと飛び切りスポーティのモードとを切り替えることができるPASM(ポルシェアクティブサスペンションマネージメント)や、セラミックブレーキも用意している。インテリアデザインはボクスターに倣うが、大型のテールゲートが備わることでリアのラゲッジスペースは260リッターにアップし、フロントの150リッターのスペースとあわせてユーティリティは向上。クーペファンには見逃せないモデルなのである。

(文=生方聡/写真=高橋信宏)

 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ポルシェ・ケイマンSの画像


 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ポルシェ・ケイマンSの画像


 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ポルシェ・ケイマンSの画像


 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ポルシェ・ケイマンSの画像

関連キーワード:
ケイマン, ポルシェ, 東京モーターショー2005, イベント, 自動車ニュース

ポルシェ ケイマン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場 2020.2.12 自動車ニュース 英アストンマーティンは2020年2月12日(現地時間)、「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」を発表し、予約注文受け付けを開始した。
  • 「日産セレナ」に車中泊用収納ベッドを備えた「マルチベッド」が登場 2020.2.10 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年2月10日、ミニバン「日産セレナ」に車中泊仕様の「マルチベッド」を設定し、販売を開始した。あわせて「NV200バネット」の車中泊仕様「マルチベッドワゴン」を一部改良し、同年1月31日に発売したと発表した。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
ホームへ戻る