【東京モーターショー2005】マツダ、スポーツSUV「MX-クロスポルト」は2006年に北米市場へ

2005.10.20 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】マツダ、スポーツSUV「MX-クロスポルト」は2006年に北米市場へ

東京モーターショー会場の西ホール、マツダのブリーフィングでは、おだやかな人柄が印象的な井巻社長兼CEOも終始にこやかに、自信を持って、来春発売予定の新型ミニバン「MPV」をまず紹介。いつもの“Zoom-Zoom”を合い言葉に、とても元気な印象を受けた。

スタイリング、ドライビング、パッケージ、と3つのイノベーションをキイワードに開発されたという3世代目のMPVはひと回り大きく、背を低めて誕生。マツダスピードアテンザに次ぐ採用となる、MZR2.3リッター直噴ターボエンジンも興味深いところだ。ターボユニットとしては初めて、環境性能で4つ☆を獲得。開発陣の話では、走ってみれば力強いトルクが自慢とか。

次いで紹介されたのが参考出品車の「MX-クロスポルト」。既存のSUV、トリビュートに較べてグっとスポーツカー領域に踏み込んだ、いわゆるクロスオーバーなコンセプトカーである。これをベースにCX-7を開発し、2006年に北米市場へ導入する予定と明言。ここにって、マツダの新生ラインナップが揃うという。

三つめの話題は環境問題。世界で唯一のRENESIS水素ロータリーエンジンを搭載し、来春リース販売を開始することが決定した「RX-8」、それを発展させた水素ロータリーエンジン+ハイブリッドシステム搭載の「プレマシー」、そしてMZRガソリンエンジン+ハイブリッドシステムの「トリビュート」、と3タイプを紹介した。水素ロータリーは世界で唯一であるがために、他社との技術競争のないことが寂しいか。

最後に、マツダブースの華ともいえるコンセプトカー「先駆(せんく)」について説明……するかと思いきや、「まあご覧ください」とばかりにあっさりと紹介して終了。撮影会となった。
この“先駆”、次世代のガソリン直噴ロータリーエンジンとハイブリッドシステムをフロントに納めた、4シーター・ロータリースポーツの近未来像だという。
ではRX-8との棲み分けは? と思うが、先駆はマツダR&Dセンター「横浜」が仕上げた純粋なショーカーとのことで、販売される予定はない。“無垢から削り出した鋼の塊のよう”と謳うシルバー塗装が、デザインを含め印象的だった。

(ken)

 
【東京モーターショー2005】マツダ、スポーツSUV「MX-クロスポルト」は2006年に北米市場への画像

【写真上】井巻社長兼CEO
【写真下】MPV
 

	【写真上】井巻社長兼CEO
	【写真下】MPV
	 

MX-クロスポルト
 

	MX-クロスポルト
	 

プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド
 

	プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド
	 

先駆(せんく)
 

	先駆(せんく)
	 

関連キーワード:
MPV, プレマシー, マツダ, 東京モーターショー2005, イベント, 自動車ニュース

マツダ MPV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • マツダMPV 23T(FF/6AT)【試乗記】 2006.3.20 試乗記 マツダMPV 23T(FF/6AT)
    ……389万2000円

    V6の印象が強かったマツダのミニバン「MPV」だが、今回は4気筒のみのエンジンラインナップである。高性能版には、直噴ターボが用意された。ドライビングの楽しさと快適な乗り味を両立させた、と謳っている。


  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
ホームへ戻る