アウディ「A4」「A6/S6」の装備を一部変更

2003.09.08 自動車ニュース

アウディ「A4」「A6/S6」の装備を一部変更

アウディジャパンは、ミディアムセダン「A4」シリーズ、アッパーミドルサルーン「A6」シリーズ、さらにA6のスポーティスペシャル「S6」の装備などを一部変更。同時にグレードの見直しなども行い、2003年9月1日から新ラインナップで販売を開始した。

■A4にスポーティグレード追加

「A4」の一部改良では、2003年6月から設定された、エアロパーツやスポーツサスペンションが備わるスポーティグレード「S-line」が、ほかのグレードに拡大した。S-lineが加わるのは、「A4 3.0クワトロ S-line」「A4アバント2.0 S-line」「A4アバント1.8Tクワトロ S-line」「A4アバント3.0クワトロ S-line」の4モデルだ。

さらに、一部グレードの装備変更も行われた。「マルチトロニックトランスミッション」ことCVT搭載モデルは、「D」レンジに加えて「S」(スポーツ)モードを追加。さらに「A4 2.4 SE」「A4 3.0クワトロSE」「A4 3.0クワトロ S-line」のセダン・アバントの両モデルに、DVDナビなどを含むMMS(マルチメディアステーション)とCDチェンジャーを標準装備した。ベーシックな「A4 2.0」をのぞく全車に、オートライト機能や、乗降時にルームライトが自動的に点灯する「カミングホーム/リービングホームライト」機能を付与。ボディカラー全9色中、6色が入れ替えられたことも新しい。

■A6はフルカラードバンパーに

「A6セダン/アバント」は、全モデルの装備が変更された。
外観は、ボディ同色バンパーの採用がニュース。装備面では、自動防眩ルームミラー、ヒーター付き自動防眩ドアミラーが全車標準となり、一部グレードではバイキセノンヘッドライトの追加装備や、アルミホイールデザインの変更なども施されている。

ラインナップも一部変更。スポーティな「S-line」を、「2.7Tクワトロ S-line」と「アバント 3.0クワトロ S-line」に拡大採用したほか、「2.7Tクワトロ」を廃止した。
スポーティスペシャル「S6」は、Sシリーズの上を行く高性能モデル「RS6」と同じ、リアスポイラーとステアリングパドルスイッチを採用。加えて、ボディカラーの「ミングブルーパールエフェクト」に替わり、「ナイトブルーパールエフェクト」に変更した。

各装備変更の詳細や価格などは、アウディホームページ参照のこと。

(webCG 本諏訪)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

 
アウディ「A4」「A6/S6」の装備を一部変更の画像
「A6アバント 3.0クワトロ」

 
「A6アバント 3.0クワトロ」
	
	 

関連キーワード:
A4, A4アバント, A6, A6アバント, S6, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
ホームへ戻る