アウディ「A4」「A6/S6」の装備を一部変更

2003.09.08 自動車ニュース

アウディ「A4」「A6/S6」の装備を一部変更

アウディジャパンは、ミディアムセダン「A4」シリーズ、アッパーミドルサルーン「A6」シリーズ、さらにA6のスポーティスペシャル「S6」の装備などを一部変更。同時にグレードの見直しなども行い、2003年9月1日から新ラインナップで販売を開始した。

■A4にスポーティグレード追加

「A4」の一部改良では、2003年6月から設定された、エアロパーツやスポーツサスペンションが備わるスポーティグレード「S-line」が、ほかのグレードに拡大した。S-lineが加わるのは、「A4 3.0クワトロ S-line」「A4アバント2.0 S-line」「A4アバント1.8Tクワトロ S-line」「A4アバント3.0クワトロ S-line」の4モデルだ。

さらに、一部グレードの装備変更も行われた。「マルチトロニックトランスミッション」ことCVT搭載モデルは、「D」レンジに加えて「S」(スポーツ)モードを追加。さらに「A4 2.4 SE」「A4 3.0クワトロSE」「A4 3.0クワトロ S-line」のセダン・アバントの両モデルに、DVDナビなどを含むMMS(マルチメディアステーション)とCDチェンジャーを標準装備した。ベーシックな「A4 2.0」をのぞく全車に、オートライト機能や、乗降時にルームライトが自動的に点灯する「カミングホーム/リービングホームライト」機能を付与。ボディカラー全9色中、6色が入れ替えられたことも新しい。

■A6はフルカラードバンパーに

「A6セダン/アバント」は、全モデルの装備が変更された。
外観は、ボディ同色バンパーの採用がニュース。装備面では、自動防眩ルームミラー、ヒーター付き自動防眩ドアミラーが全車標準となり、一部グレードではバイキセノンヘッドライトの追加装備や、アルミホイールデザインの変更なども施されている。

ラインナップも一部変更。スポーティな「S-line」を、「2.7Tクワトロ S-line」と「アバント 3.0クワトロ S-line」に拡大採用したほか、「2.7Tクワトロ」を廃止した。
スポーティスペシャル「S6」は、Sシリーズの上を行く高性能モデル「RS6」と同じ、リアスポイラーとステアリングパドルスイッチを採用。加えて、ボディカラーの「ミングブルーパールエフェクト」に替わり、「ナイトブルーパールエフェクト」に変更した。

各装備変更の詳細や価格などは、アウディホームページ参照のこと。

(webCG 本諏訪)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

 
アウディ「A4」「A6/S6」の装備を一部変更の画像
「A6アバント 3.0クワトロ」

 
「A6アバント 3.0クワトロ」
	
	 

関連キーワード:
A4, A4アバント, A6, A6アバント, S6, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィーPHEV(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.18 試乗記 ランドローバー伝統の最上級SUV「レンジローバー」に設定されたプラグインハイブリッドモデル「オートバイオグラフィーPHEV」に試乗。EUの厳しい排ガス規制に対応すべくパワーユニットの電動化を推し進める同ブランドの戦略と、その走りをリポートする。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
ホームへ戻る