「シトロエンDS4」に6段ATモデルが追加設定

2012.09.25 自動車ニュース

「シトロエンDS4」に6段ATモデルが追加設定

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年9月25日、シトロエンDSラインの4ドアクーペ「DS4」に新たにトルコン式6段ATを搭載した「Chic(シック)」を追加設定し、発売した。価格は310万円。

2011年9月に国内導入されたDS4は、これまで6段MT搭載の「Sport Chic(スポーツシック)」と、シングルクラッチ式2ペダル6段MT「EGS」を搭載する「Chic(シック)」の2モデルで展開されていた。

今回ラインナップに加わった新しい「シック」は、「DS5」「C5」などに搭載されるアイシン・エイ・ダブリュ製の6段ATを採用。従来の「シック」(6段EGS)と同様に、1.6リッター直4ターボエンジンと組み合わされる。ただし、トランスミッションとのマッチングを考慮したプログラミング変更などにより、最高出力は6段EGS仕様比で6ps向上。JC08モード燃費は11.3km/リッター(6段EGS仕様は11.7km/リッター)となった。

新「シック」(6段AT)には、オプションとして「DS5」に採用されたクラブレザーシートと、2種のツートンカラーのレザーシートが用意される。クラブレザーシート(ブラウン系)のオプション価格は37万円、ツートンレザーシート(ホワイト×ブラックまたはレッド×ブラック)は25万円。
また「スポーツシック」にも同様のシートが新たにオプションに追加された(クラブレザーは+8万円、ツートンレザーは+0円)。

シトロエンDS4の新ラインナップは以下のとおり。

DS4シック(6段EGS) 1.6リッター(156ps、24.5kgm):309万円
DS4シック(6段AT) 1.6リッター(162ps、24.5kgm):310万円
DS4スポーツシック(6段MT) 1.6リッター(200ps、28.0kgm):345万円

(webCG)

関連キーワード:
DS4, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン DS4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • プジョー208GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • 第35回:シトロエンC3 2019.5.29 カーデザイナー明照寺彰の直言 ユニークなデザインで注目を集め、デビューとともに一躍人気モデルとなった現行型「シトロエンC3」。いまやすっかりブランドの屋台骨となっている同車のデザインは、現役のカーデザイナー明照寺彰の目にどう映るのか?
ホームへ戻る