クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第285回:クルマ史をひもとけば見えてくる? iPhoneの未来

2013.03.01 マッキナ あらモーダ!

第285回:クルマ史をひもとけば見えてくる? iPhoneの未来

君もiPhone、われもiPhone

アップル社が腕時計型の端末装置に関する特許申請をしていることが2013年2月21日、アメリカの特許商標庁によって明らかになった。「アップルがブレスレット型コンピューターを開発しているのでは」との情報は、かねて憶測記事が飛び交っていたが、うわさは本当だったことが証明された。その新端末は、同社製のスマートフォン「iPhone」と無線連携する機能が装備されるものと思われる。

それにちなんで、今回はiPhoneの話をしよう。
ボクの場合、1台目が「iPhone 3GS」、2台目が「iPhone 4S」である。ベースモデルを飛ばして「S」を2代続けてしまった。クルマを買うときもそうだが、「マイナーチェンジ後の製品のほうが、品質が安定しているに違いない」というのが表向きの理由。ぐだぐだ考えている間に、ベースモデルから「S」に移行されてしまった、というのが本当の理由である。

最近イタリアでもフランスでも、街を歩いていて気づくのは、iPhoneユーザーの多さである。バスや地下鉄車内で周囲をちょっと見回しただけで、一人といわず数名が必ずiPhoneを操作している。他社製スマートフォン使用者もいるが、やはり目撃率が高いのはiPhoneである。与謝野晶子風に言えば「君もiPhone、われもiPhone」。ついでに灰田勝彦や小林克也が歌っていた「野球小僧」の歌詞「僕のようだね、君のよう〜」を思い出してしまう。

この単一ブランドでの普及率、モノの歴史を振りかえれば、あの「フォードT型」以来ではないだろうか。1908年、量産化に成功したフォードT型は、たちまち路上を埋め尽くし、アメリカで生産されるクルマの2台に1台はフォード、世界でも路上を走るクルマの数台に1台はフォードという時代をもたらした。iPhoneのヒットは、まさに現代のフォードT型といえる。

無数の歴代電話機の果てに、iPhoneがある(写真左下)。米ヘンリー・フォード博物館にて。
無数の歴代電話機の果てに、iPhoneがある(写真左下)。米ヘンリー・フォード博物館にて。 拡大
生産方式だけでなく、社会も変えた「フォードT型」。ただし、その末路は……。ヘンリー・フォード博物館にて。
生産方式だけでなく、社会も変えた「フォードT型」。ただし、その末路は……。ヘンリー・フォード博物館にて。 拡大

フォードの轍(てつ)を踏むのか?

しかしながら、iPhoneの異常に高い普及率に、個人的には少なからず違和感を覚えているのも事実である。製品的・デザイン的選択肢が少ないことの息苦しさだ。人と違うものを持ちたくても、差別化できないつらさである。
ボクより感覚が何十倍も鋭いクリエイターと呼ばれる業種の人が、みんなと同じiPhoneを使っていたりすると、「お、お前、それでいいのかよ!」と肩を抱えて揺さぶりたくなる。

もちろん、アンドロイド携帯にしてしまえばよいのだが、いままでのアプリケーションが存分に使えなくなるのに加え、他のアップル製品と連携が難しくなるのがイタい。
電話関連でいえば、その昔NTTとなる前の電電公社時代、黒電話かプッシュホン、もしくは数少ない認定社外品しか設置できなかった時代を思い出す。

選択肢の少なさから、次にボクが思いをはせたのは、東西統一前の東ドイツである。当時、国産車はあの有名な「トラバント」か「ヴァルトブルク」しか選択肢がなかった。
「おいおい、iPhoneは最先端技術の塊。旧東ドイツ車は、疲弊した社会主義の遺物。一緒にするなよ!」という声も承知だが、選択できないつらさは同じだろう。
もちろん、iPhoneもカバーやケースを変えることで、ある程度のカスタマイズはできる。しかし、それはトラバントのエンジンフードをつや消し黒塗装して、ラリーカーを気取っていた旧東ドイツの若者と同じにすぎない。

そうした状況の結末を占う好例として、再び採り上げるべきはフォードT型である。量産効果で年を追うごとに劇的に価格が下がっていったT型は、製造開始後20年近くたつと思いがけない事態に陥った。
ボディーカラーが黒一色で、何年たっても前年モデルと大して代わり映えのしないT型は、次第にアメリカ国民から見放されていった。それはユーザーが他人と違うクルマを求めるようになったからだった。
そうしたT型に対する不満をもったユーザーの心を捉えたのは、ライバルとして台頭してきたGMの「シボレー」だった。シボレーは、斬新なスタイルや豊富なカラーバリエーションでT型の顧客を次々に奪い、やがて自動車業界トップの座さえもフォードから奪う。

そして今、フォードT型役はiPhoneで、シボレー役が欧州でも伸長著しいサムスンやファーウェイになるのではないか? と、しきりに感じるのである。

旧東ドイツの国民車「トラバント」。
旧東ドイツの国民車「トラバント」。 拡大
「トラバント」と並ぶ旧東ドイツの国産車だった「ヴァルトブルク」。写真はピックアップ仕様。
「トラバント」と並ぶ旧東ドイツの国産車だった「ヴァルトブルク」。写真はピックアップ仕様。 拡大
携帯電話/スマートフォンの普及を背景に、イタリアでは2015年までに兵舎など一部施設内を除いて公衆電話が撤去される予定。
携帯電話/スマートフォンの普及を背景に、イタリアでは2015年までに兵舎など一部施設内を除いて公衆電話が撤去される予定。 拡大

腕時計の危機がやってくる!?

しかし、フォードT型が人類のモビリティーに偉大な貢献をしたように、iPhoneの果たした役割についてもボクは評価したい。
例えばイタリアでは、携帯電話の普及とともに、固定電話はやめた、という家庭が多い。イタリアの調査機関TLCによると、この国では2011年9月から2012年9月の1年間に約51万4000もの固定電話回線が廃止されたという。

日本のように固定電話回線の所有が、社会的信用を示すバロメーターになっていないことが、やめるのに抵抗がなかった理由のひとつだ。その証拠に、商品袋に堂々と携帯番号だけを印刷しているイタリアの商店は少なくない。同時に、イタリアの携帯電話の中でもかなりの比率をしめるiPhoneが、その高い操作性・利便性で「固定電話アッディーオ(さらば)!」 を後押ししたことは間違いない。ボクの知り合いの眼科医も、自分と夫人用にiPhoneを購入したのを機会に、固定電話をあっさりと解約してしまった。

将来アップルが出す腕時計型デバイスも、iPhoneのごとく多くの人が装着するようになるのか。普通の腕時計の販売が低下するくらい普及したら、これまたすごいゾと、ひそかに期待しているボクである。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

わが家の知り合いの眼科医夫妻。iPhoneを二人で購入したのを機会に、家庭の固定電話を取り払った。
わが家の知り合いの眼科医夫妻。iPhoneを二人で購入したのを機会に、家庭の固定電話を取り払った。
拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。