「アウディTT RS」がより高性能に進化

2013.02.12 自動車ニュース

「アウディTT RS」がより高性能な「プラスクーペ」に進化

アウディジャパンは2013年2月12日、「TT」の高性能モデルである「TT RSクーペ」の装備、仕様を変更。名称も「TT RSプラスクーペ」と改め、販売を開始した。

今回の改良では、10.0km/リッター(JC08モード)の燃費性能はそのままに、動力性能を向上。2.5リッター直5ターボエンジンは、最高出力が360ps(従来比+20ps)、最大トルクが47.4kgm(同+1.5kgm)となった。これに組み合わされるトランスミッションは、7段デュアルクラッチ式セミATの「Sトロニック」、駆動システムは「クワトロ」フルタイム4WDと、いずれも従来モデルを踏襲。0-100km/h加速タイムは4.1秒となり、これまでより0.2秒短縮された。

装備も見直されており、Bluetooth通信やスマートフォンとの連携機能を追加した、DSRC(ITSスポット)対応のSDナビが新たに採用された。これにより、道路交通情報や安全運転支援などに関する道路情報提供サービスを受けることが可能となっている。オーディオ機能については、ステアリングホイールのスイッチで操作ができるようになったほか、MP3やWMAなどの音源フォーマットに対応。USBとRCAの端子を介して、様々な機器の接続が可能となった。

エクステリアでは、ハイグロスブラックのグリルとマットアルミニウムのフレームを組み合わせたシングルフレームグリルを新たに採用。サイドミラーのアウターカバーがカーボンとなったほか、リアにはオーバル形状の大口径のスポーツエキゾーストと、それに合わせたリヤディフューザーインサートを採用した。

ボディーカラーは既存の7色に加え、「パンサーブラッククリスタル」を追加設定。ホイールには新たにチタンルックを採用したほか、オプションでスポーク部をブラック、リムをレッドにペイントしたものも用意している。

ハンドル位置は右と左の両方を用意。価格は890万円となっている。

(webCG)

「アウディTT RSプラスクーペ」
「アウディTT RSプラスクーペ」 拡大
 
「アウディTT RS」がより高性能に進化の画像 拡大

関連キーワード:
TT RSクーペ, アウディ, 自動車ニュース

アウディ TT RSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ 2020.12.28 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> スーパーカー顔負けのパフォーマンスを誇る「アウディTT RSクーペ」が、極めて優れたスプリンターなのは間違いない。そして、そのステアリングを握ったドライバーは、アウディが長年培ってきた情熱と個性にも心を動かされることだろう。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.12 試乗記 最高出力450PSの2.9リッターV6ターボエンジンと、伝統のフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディRS 4アバント」。ハイテクで身を固めたアウディ自慢の高性能スポーツワゴンは、いかなる走りを見せるのか? 改良を受けたポイントとともに紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
ホームへ戻る