「アウディTT」に最強モデル「TT RSプラス」追加

2012.02.13 自動車ニュース

「アウディTT RS」よりもさらにホットな「TT RSプラス」が登場

独アウディは2012年2月10日、同社のコンパクトスポーツ「TT」シリーズに、従来の「RS」をさらに上回る高性能版「RSプラス」を追加すると発表した。

■360psへパワーアップ

アウディにはノーマルモデルに加えて、スポーティーな「Sモデル」と、さらなる高性能を手に入れた「RSモデル」が用意されている。TTの場合、Sモデルにあたるのが「TTS」、RSモデルが「TT RS」ということになる。

TT RSは、アウディの伝統ともいうべき直列5気筒ターボエンジンを搭載するスペシャルなモデルで、エンジン開発を含め、アウディ傘下のクワトロ社が手がけている。TT RSに搭載される2.5 TFSIエンジンでも、最高出力340ps、最大トルク45.9kgmとパワフルだが、新登場の「TT RSプラス」では同じ排気量のまま、それぞれ360ps、47.4kgmにパワーアップが図られている。

ドイツでは、クーペとロードスターが用意され、トランスミッションは6段マニュアルとツインクラッチ ギアボックスの7段Sトロニックを選ぶことができる。駆動方式はフルタイム4WDのクワトロだ。クーペの7段Sトロニックで性能を比較した場合、0-100km/h加速はTT RSの4.3秒に対して、TT RSプラスでは4.1秒に短縮される。100km走行あたりの燃料消費量は8.5リッター(=11.8km/リッター)だ。

エクステリアは、TT RSとの違いが一目瞭然。255/35R19サイズのタイヤが装着されるアルミホイールは、ブラックとレッドのコントラストカラーとなり、また、ドアミラーカバーはカーボン製に。固定式リアウイングのステーやリアディフューザーがシルバーにペイントされ、ラジエターグリルのメッシュがポリッシュ仕上げになるなど、細かなところにも手が入れられている。フロントホイールからは、4ピストンのキャリパーとドリルドタイプのブレーキディスクが姿をのぞかせる。

価格は、6MT仕様でクーペが6万650ユーロ(約622万円)、ロードスターが6万3500ユーロ(約652万円)。7段Sトロニック仕様は2150ユーロ(約22万円)高となる。実車は、2012年3月開催のジュネーブショーで見られそうだ。

(文=生方聡)

「アウディTT RSプラス」
「アウディTT RSプラス」 拡大
 
「アウディTT」に最強モデル「TT RSプラス」追加の画像 拡大
 
「アウディTT」に最強モデル「TT RSプラス」追加の画像 拡大
 
「アウディTT」に最強モデル「TT RSプラス」追加の画像 拡大

関連キーワード:
TT RSクーペ, TT RSロードスター, アウディ, 自動車ニュース

アウディ TT RSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ 2020.12.28 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> スーパーカー顔負けのパフォーマンスを誇る「アウディTT RSクーペ」が、極めて優れたスプリンターなのは間違いない。そして、そのステアリングを握ったドライバーは、アウディが長年培ってきた情熱と個性にも心を動かされることだろう。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.12 試乗記 最高出力450PSの2.9リッターV6ターボエンジンと、伝統のフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディRS 4アバント」。ハイテクで身を固めたアウディ自慢の高性能スポーツワゴンは、いかなる走りを見せるのか? 改良を受けたポイントとともに紹介する。
  • トヨタがオープントップの軽「コペンGRスポーツ」を仕様変更 利便性がアップ 2021.4.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年4月7日、オープントップの軽スポーツカー「コペンGRスポーツ」の一部仕様変更を発表。照度センサーにより自動点灯・消灯を行うコンライトを標準装備としたうえで、同年5月10日に発売する。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(後編) 2021.3.28 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師による「日産GT-Rプレミアムエディション」の試乗リポート後編。前回、「速いし足も高次元に進化したが、刺激的ではない」と評した走りについて、より詳しく語ってもらった。
ホームへ戻る